ザガーロを通販で購入

ザガーロを通販で購入

ザガーロはデュタステリドという成分が含まれたAGAに効果のある薬です。同じ成分を含んだアボルブもありますが、AGAへの薬として一般的に認知度が高いのはザガーロでしょう。ザガーロは病院やクリニックでも処方される事があります。ですが、2015年に承認された新しい薬となるためまだまだ取り扱っていないところは多いです。

フィナステリドが入っているプロペシアフィンペシアよりも効果の高いザガーロが欲しいと思っていても取り扱っている病院やクリニックがないという方も多いでしょう。そんな方は通販で購入をおすすめします。現在病院やクリニックでザガーロを処方してもらっている方も通販で購入したほうがかなりお得に済みます。

病院やクリニックでザガーロを処方してもらう場合は安くても約8,000円程度になります。1箱に30錠入っていますので1ヶ月最低でも8,000円ですね。平均なら1ヶ月1万円程度になります。なぜここまで高いのかというとザガーロは保険適用外で自由診療となってしまうためです。

毎月1万円も、さらに通院もしなければならないとなると少し面倒ですね。そんな方には通販で購入することをおすすめします。通販ではザガーロのジェネリックも豊富に揃っており、ジェネリックを購入となれば1ヶ月3,000円程度で済みます。病院やクリニックと比べると1/3以下の値段で購入することが出来るのです。

現在通院していて面倒くさい、出費がかさむなど思っている方は一度通販でザガーロの購入を考えてみてはいかがでしょうか。通販で販売されているザガーロのジェネリックはどれも安く同じ効果を得られるのでおすすめです。

※リンク先はザガーロのジェネリックです

ザガーロはamazonでは購入不可

ザガーロを通販で購入しようと考えていてもamazonや楽天など一般的な大手通販サイトにザガーロは販売されていません。それではどの通販サイトに販売されているのでしょうか。それは個人輸入代行の通販サイトです。こちらは普通の通販サイトとは若干異なりますが、注文、購入する手間というのはなんら変わりません。

購入者に代わって個人輸入を代行してくれるので面倒くさい手間もなく、一般的な通販サイトのような感覚で購入することができます。

ザガーロを購入できるおすすめの通販

ザガーロを購入できるおすすめの通販

ザガーロが購入できる個人輸入代行の通販サイトというのは今では多く存在します。有名なとこでいうとお薬なび、オオサカ堂、ケンコーコム、くすりエクスプレスといったところでしょうか。多く存在するためどこで購入するのが一番良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。

個人的におすすめな通販サイトはお薬なびです。お薬なびは一番サポートが充実していると言えます。もちろん販売されている商品は全て正規品となっており、悪い噂は一切聞きません。問い合わせというのは普通メールだけとなるので対応までに何日もかかってしまうということが多いと思います。ですがお薬なびは電話での問い合わせもあることから、何か分からない点があればその場ですぐに解決出来るのも良い点です。

キャンペーンも頻繁に行っており、時にはかなりお得に商品を購入することもできます。デュタステリドとミノキシジルのセットも販売されていますので、はじめて利用するという方はそちらを購入するのも良いかと思います。

悪徳サイトには注意

ザガーロを通販で購入するとなると不安になってしまうのが偽物がとどないか、個人情報を抜き取られないか、商品が本当に届くのかという点が多いと思います。実際にザガーロではないですが、通販を利用したことで偽物が届いたり、商品が届かなかったという事例もあります。そのため通販を利用してザガーロを購入する際は最善の注意を払って利用しなければなりません。

簡単に悪徳サイトか見分ける点としては
クレジットカード決済がない
問い合わせがない
日本語が不自然
薬の値段が明らかに安い
といったとこです。

ザガーロを通販で購入する場合はしっかりその通販サイトが安全なサイトなのかどうか見極めてから利用するようにしましょう。

ザガーロの効果

ザガーロの効果

ザガーロの主な効果としてはAGAの原因であるDHTの生成を防ぐ効果があります。これだけだと何がなんだか分からないという方のために詳しく説明します。

AGAの原因として一番大きな部分はDHTと呼ばれるジヒテストステロンが生成される事です。このDHTは多く生成され額に溜まっていき毛根を攻撃していきます。そのせいで毛根が弱り成長が止まってしまうのです。

DHTは男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合することによって生成されます。そのためこの結合を阻止することでDHTの生成がされなくなり、AGAの治療を行えるという事です。

ザガーロは5αリダクターゼを阻害する効果をもっています。5αリダクターゼが阻害されることでテストステロンも結合するものがなくなり、DHTを生成することができなくなります。そのおかげで弱った髪の毛達が少しずつ正常なヘアサイクルに戻っていきAGAを治療できるということです。

ですが、ザガーロには発毛効果はありません。あくまで抜け毛を阻止する役目を持つ薬です。では発毛効果をどのようにしてだすのかというと、ミノキシジルの使用です。ミノキシジルは外用薬ならロゲインカークランド、内服薬ならミノタブなどに含まれている成分です。

ザガーロとミノキシジルを併用することによってAGAにより効果的な治療を行えると言えます。

ザガーロの成分デュタステリド

ザガーロに含まれている成分デュタステリドは従来抜け毛防止のために使用されていたフィナステリドよりも高い効果があります。これは実証されており、フィナステリドの1.5倍の効果と言われています。

それはなぜか。実は先程説明した5αリダクターゼには2種類あります。1型と2型です。基本的には2型のみを阻害することでAGAを止めるには効果的と言われています。だからといって1型はAGAとは全く関係ないというわけではありません。

フィナステリドは2型を阻害することはできますが1型は阻害することができないのです。ですがデュタステリドの場合は1型、2型どちらも阻害することが出来るのです。ここから見てもうデュタステリドの方が効果は高いというのはわかりますね。

フィナステリドを含んでいるプロペシアは少し名も広がってはいますがデュタステリドを含んでいるザガーロの認知度はそれほど高くはありません。ですがAGAに効果があると認証されている薬です。プロペシアで効果があまり実感できなかったという方は1度ザガーロを使ってみても良いかもしれません。

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用

ザガーロの副作用というのは比較的少ないと言えるでしょう。ですが、絶対に副作用がないというわけでもありませんので注意しましょう。また、ザガーロを服用する前に副作用を頭に入れておくと対処も早くすみます。

初期脱毛

初期脱毛というのは多くの方から報告のある副作用です。これはミノキシジルやフィナステリドも発症してしまうほどよくある副作用となっています。だからといって皆が発症してしまうということでもありません。体質的に副作用が起こりやすい方や起こりにくい方が存在します。ザガーロを服用する際は初期脱毛のリスクがあるということを頭に入れてから服用するようにしましょう。

そもそも初期脱毛というのはどのような症状なのでしょうか。簡単に説明するとザガーロを使用しはじめてから以前よりも抜け毛が多くなってしまうという症状です。ですが、これはAGAの進行が早まっているということではありません。

単純に異常だったヘアサイクルを正常に戻そうとしている状態なのです。髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期→退行期→休止期の順で訪れます。

正常なヘアサイクルの場合、生えてきた髪の毛は成長期で2年~6年程度かけて成長していきます。成長し終えたら退行期に移行し抜けるまで髪の長さ、濃さ、太さをキープしています。そこから休止期に入り抜けていくというのが正常のヘアサイクルです。

AGAの場合の成長期は長くても1年程度で終わってしまいます。そのため髪の毛が以前よりも成長できず退行期→休止期へ移行し抜けてしまいます。新しい髪の毛が生えてきても抜けるのが早いためどんどん薄毛になってしまうのです。

初期脱毛で抜け落ちる髪の毛は全て休止期に入ったものなので成長期の髪の毛が抜けているということはありません。一度ヘアサイクルをリセットして正常なヘアサイクルに戻してくれています。

初期脱毛が起きてしまうと焦ってザガーロの服用を中断してしまう方が多くいます。ですが、中断してしまうとそこからAGAの進行がまた始まってしまうのでさらに酷い状況となってしまいますので必ず中断はしないようにしてください。

初期脱毛は対処できる?

残念ながら現段階で初期脱毛を対処するという方法はありません。皆が皆おきてしまう症状というわけではないですが、起きてしまった場合にこうすれば治るというのもありません。そのため初期脱毛の期間は我慢することが大切となってきます。

かなり原始的ですがこれしかありません。見られるのが嫌という方は帽子を被ったりカツラをつけたり、薄毛隠しのパウダーを使うなどして初期脱毛の期間を乗り越えましょう。

初期脱毛はいつからいつまで?

初期脱毛自体が起きる方や起きない方がいるのと同じで、いつから初期脱毛が始まるというのも個人差があります。早ければ使用した2日後からはじまるといった方もいます。平均にしたらだいたいザガーロを服用しはじめて1ヶ月後に発症するようです。

またいつまで初期脱毛が続くのかというのも完全に個人差となります。1週間で終わる方もいれば3ヶ月程度続く方もいます。平均にしたら1ヶ月程度と言われていますが、1ヶ月過ぎたら必ず止まるというわけでもないので注意してください。

EDへのリスク

ザガーロに含まれているデュタステリドという成分は元々前立腺肥大症への薬として開発されていました。ザガーロの効果のDHTの生成を防ぐ効果というのは前立腺肥大症にDHTが深く関わっているためです。実はこのDHTというのは前立腺や外性器、精?などに多く存在していることがわかっています。

そのためDHTの生成を防ぐということは抜け毛を抑えると共に勃起するための必要なDHTまで生成を抑えてしまう事となるので、EDを発症してしまう可能性も高くなるのです。

初期脱毛に比べるとリスクは低いと言えますが、絶対に発症しないというわけでもありませんので頭の中には入れておきましょう。

ザガーロの飲み方

ザガーロの飲み方

ザガーロの飲み方として特別難しい事は何もありません。1日1回1錠を水、またはぬるま湯で服用するだけです。ただし注意しないと行けない点は必ず1日1回1錠までにしてください。2錠以上服用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。

また1錠服用したら24時間後に服用するようにしましょう。ザガーロの作用時間というのは24時間と言われています。そのため24時間感覚で服用することでザガーロの効果を無駄にせず済みます。

タイミングとしては自由で大丈夫です。できれば飲み忘れのないタイミングが一番良いですね。習慣付けられるタイミングにすることで飲み忘れはなくなります。例えば朝食後、昼食後、就寝前など自分が忘れることのないタイミングで服用するよう心がけましょう。

※リンク先はザガーロのジェネリックです

ザガーロのジェネリック

ザガーロには当ページの最初にも書いたようにジェネリックが多く存在します。ジェネリックというのは全く同じ成分、効果、副作用、服用方法でザガーロよりもかなり安く販売されている薬です。日本国内だと病院やクリニックでは購入することはできず、通販を利用しなければなりません。

デュタボルブ

デュタボルブ

ザガーロのジェネリックとして一番有名な薬がデュタボルブと言えます。デュタボルブは主成分にデュタステリドを含んでいるので完全にザガーロと効果、副作用、服用方法全て一緒です。そのためザガーロを今まで使用していた方なら安心して服用できると言えるでしょう。

気になる値段ですが、かなり安く購入することが出来ます。ザガーロが1ヶ月分で最低でも8,000円~だとしたら、このデュタボルブは1ヶ月分で3,150円程度で購入することが出来ます。

3ヶ月分のデュタボルブを購入すれば1錠単価が105円から84円まで安く購入することもできます。この安さでザガーロと全く同じ効果という事なのでかなりお得と言えるでしょう。

デュタストロン

デュタストロン

デュタストロンという薬は一切聞いたことないという方も多いでしょう。実はこのデュタストロンはザガーロのジェネリックの中ではかなりの安さで販売されているのです。ザガーロのジェネリックとなるので成分はもちろんデュタステリドが含まれています。

値段はデュタボルブよりも安く1箱30錠で約2,700円程度です。1錠単価にすると90円となります。1日100円もかからない計算ですね。この値段でザガーロと同じ効果、副作用、服用方法なので経済的に優しい薬と言えます。

ザガーロとアボルブの違い

ザガーロとアボルブはどちらも同じデュタステリドが含まれています。それでは違いはどのようなものなのでしょうか。結論から言うとザガーロとアボルブの効果に違いはありません。含まれている成分が同じなので効果だけではなく副作用も同じです。

唯一の違いと言うと前立腺肥大症の薬なのかAGAの薬なのかという事です。前立腺肥大症の薬として認可がおりているのがアボルブ、AGAの薬として認可がおりているのがザガーロとなっています。だからといってAGAを治療するためにアボルブを使ってはいけないというわけではありません。

ただし、アボルブの場合はAGAへ保険適用とはなりませんが、前立腺肥大症の場合は保険適用となります。

ザガーロの場合はどちらも保険適用外となり自由診療となってしまいます。そのため病院やクリニックで処方してもらうとなると高くなってしまうのです。