ツゲインとは

ツゲインとは

ツゲインとはAGAに効果的な薬とされており、ミノキシジルを配合したロゲインのジェネリックとなっています。ロゲインとリアップは名前が違うだけでそれ以外は同じとされているため、リアップと一切同じでかなり安い薬と認識を持っていても良いでしょう。

ただし、ツゲインで注意しなければならない点というのは育毛、発毛効果はあるとされていますが、抜け毛防止の効果というのはほとんどないといっても過言ではありません。そのため、AGAを治療するためにはプロペシアフィンペシアといったフィナステリドを配合した薬、もしくはザガーロアボルブデュプロストといったデュタステリドを配合した薬と併用するようにしましょう。

また、ツゲインというのは女性でも使用することができ、女性特有の薄毛であるびまん性脱毛症に対しても効果を発揮します。びまん性脱毛症に効果的とされているパントガールと併用することで治療もスムーズに行う事が出来ると言えるでしょう。

ツゲインは日本国内では販売されておらず、通販を利用しなければ購入することは不可能となっている薬です。そのため、ツゲインを購入したいと考えている方は通販を利用して購入するようにしましょう。

ツゲインの通販

ツゲインの通販

ツゲインというのは先程も説明した通り、通販でしか販売されていません。病院やクリニックなどで処方を頼んでも一切入手することは不可能です。そのため、ツゲインを欲しいという方は通販を利用して購入してください。

面倒くさいと思うかもしれないですが、ツゲインに乗り換えることでかなりお得と言えます。ツゲインというのはロゲインのジェネリックとなっているため、リアップと一切効果や副作用は変わらず、かなり安く購入することができます。

実際、効果などが一切変わらずに値段だけ違うというのであればリアップよりもツゲインの方が良いでしょう。リアップというのは結構な値段で販売されており、1本で7,000円以上してしまいます。ということは1ヶ月で最低でも7,000円は出費しなければならないということです。

しかし、ツゲインならこの値段よりもかなり安く販売されており、1本で2,250円です。1回の購入で複数本購入することにより、1本単価をさらに安くすることも可能となっています。

リアップの値段でツゲインなら3本購入出来ることになりますね。また、1年単位でみた時にリアップの場合は最低でも84,000円以上の出費となります。ですが、ツゲインであれば27,000円の出費で済むのです。

60,000円近く出費を浮かすことが出来るのです。また、ミノキシジルは長い期間使用しなければ効果をあまり実感できないとされています。

そのため、長い期間の使用を視野にいれるとなると、なおさらツゲインをおすすめします。ツゲインという薬をはじめて知ったという方は一度通販サイトをチェックしてみると良いでしょう。通販サイトには実際に使用した方の口コミも多数載っているので参考になるかと思います。

ツゲインはamazonで販売されていない

ツゲインというのは通販のみでしか購入できないと説明しましたが、通販といってもamazonなどの大きな通販サイトでは販売はされていないのです。購入するためには個人輸入代行の通販サイトのみでしか購入できません。

見たこともない知らない通販サイトは利用したくないと感じる方も中にはいるかもしれないですが、かなり安全で今では多くの方が利用している程一般的な通販となっています。

購入方法としてもamazonなどのネット通販を利用したことがある人であれば何も難しい事はありません。欲しい商品をカートに入れて決済するのみです。はじめてという方でも安心して利用することが出来るのです。

存在は知ってはいたけど利用をためらっていたという方はこれを機に利用してみても良いのではないでしょうか。

個人輸入代行の通販は違法?

個人輸入代行の通販と聞いて違法なんじゃない?と思う方もいるでしょう。色々と調べてみると「個人輸入代行の通販では購入してはいけない」という記事や「個人輸入代行の通販は規制されている」といった記事を多くみられます。

厚生労働省の一文を記載して、あたかも違法っぽくみせていますが、実際は全く違法ではありません。多くの記事が載せている一文はこちらになります。

「医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器は、人の健康や身体等に直接影響するものであることから、その品質、有効性及び安全性について、科学的なデータ等にもとづいて確認がなされた製品だけが国内で流通するよう、薬事法によって厳しく規制されています。」

これだけみると確かに「違法なのでは?」と思うかもしれないですが、これは流通されている薬に対してのものであって、個人輸入代行の通販に対してではありません。また、続きの分も存在し、それがこちらになります。

「一般の個人が輸入することができるのは、自分自身で使用する場合に限られており、個人輸入した製品を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。」

つまり、個人輸入の場合は一切問題ないということです。また、個人輸入の代行でもこれは同じ事となります。実際に厚生労働省が違法ではない例として載せている画像も存在します。それがこちらです。 個人輸入代行の通販は違法?

「個人輸入代行の通販は違法と思っていた」という方も少なくはないでしょう。ですが、国から認められていますので安心して利用することができます。違法と思って安い薬を購入できなかった方でも安全に安く購入出来るのでとてもおすすめです。

ツゲインの通販で一番はお薬なび

それではどの通販サイトが一番おすすめと言えるのでしょうか。個人輸入代行の通販サイトというのは今ではとても多く存在します。調べれば調べる程どの通販サイトが良いのかわからなくなってくることでしょう。

一番おすすめの通販はお薬なびというサイトです。このお薬なびという通販はサポートがとても充実しているため、とてもおすすめできます。

通常、個人輸入代行の通販というのはメールでの問い合わせしかありません。ですが、お薬なびの場合は電話での問い合わせも可能です。メールだと数日かかりますが、電話の場合はすぐに聞く事が出来るのです。

それ以外にも、お薬なびは頻繁にお得なキャンペーンを行っているのです。ツゲインとフィナステリド配合の薬のセットを安く販売されていたりなどしますので、気になる方はチェックしてみると良いかもしれません。

ツゲインの効果

ツゲインの効果

ツゲインというのはミノキシジルを配合しているAGAの治療にとても最適な薬です。ロゲインのジェネリックとなっているため、ロゲインと効果、副作用、使い方などは一切変わりません。また、ロゲインと名前以外は何も変わらないとされているリアップともツゲインは効果が同じです。

基本的にはツゲインを使用すると発毛、育毛の効果があります。これは主成分であるミノキシジルが頭皮から吸収されることで、血管を拡げて血流を促してくれるのです。

そこで、毛乳頭細胞という細胞が栄養、酸素をいつもより多く受け取れるようになります。毛乳頭細胞は栄養と酸素を多く受け取る事で活発に働くようになります。そして毛母細胞へ「髪の毛を作れ」と命令を下し、細胞分裂が活性化されて髪の毛が成長していくのです。

AGAで髪の毛というのは生えてきたとしても弱く短くなってしまいます。ですが、ツゲインを使用することで髪の毛1本1本を強く太い髪の毛に変えてくれるのです。

ツゲインというのは安いですが、効果は確かとされているので、AGAの治療に対してはとても期待出来ると言えます。

また、ツゲインというのはミノキシジル配合2%、5%、10%と3種類があります。ミノキシジルの配合量が多ければ多いほど効果は高くなりますが、その分副作用のリスクというのも上がってきます。

日本国内でミノキシジルが配合された薬として唯一購入できるリアップはミノキシジル5%配合となっています。基本的には5%を使用したほうが良いと思いますが、全く効果を実感できないという方の場合は10%を使用しても良いかもしれません。

ただし、ミノキシジルというのは長い期間使用しなければ効果を実感できないとされているのです。最低でも1年は使用しなければ何も変わりません。はっきりと効果を実感できるのは2年~3年の使用とされているので、1週間、1ヶ月程度使用したけど全然効果がないといってミノキシジル配合量を多くしたりするといった行為は辞めましょう。

ツゲインだけではAGA完治は不可能?

ツゲインというのは主成分にミノキシジルを配合した薬です。ミノキシジルというのは発毛、育毛の効果があるとしっかり認められている成分です。ですが、ミノキシジルは発毛と育毛の効果のみとされており、抜け毛を防止するための効果というのはとても薄いのです。

そのため、ツゲインを使用して髪の毛を生やしたとしても、抜け毛が防止出来ないのであれば何も意味がありません。強く太い髪の毛が生えたとしてもすぐに抜けてしまいます。

そのような事を防ぐためにもフィナステリド配合の薬と併用することが推奨されています。フィナステリドというのはプロペシアやフィンペシアに配合されている成分です。こちらはミノキシジルとは逆で抜け毛を防止する効果が強く、発毛や育毛といった効果が薄いと言えるでしょう。

また、フィナステリドよりも効果の高いデュタステリドという成分があります。こちらはザガーロやアボルブ、デュプロストなどに含まれている成分で、フィナステリドの1.5倍の効果があるとされているのです。

どちらを使うかというのはその人次第となってきますが、ツゲインを使用してAGAを完治させようと考えている場合は、必ずフィナステリドかデュタステリドを配合した薬と併用するようにしてください。

通販であればセットで販売されていることもありますのでチェックしてみると良いでしょう。

ツゲインの副作用

ツゲインの副作用

ツゲインというのは外用薬となっているため、ミノタブなどの内服薬と比べたらとても副作用は少ないと言えます。だからといって絶対に副作用が出ないというわけではありません。使用する方の体質だったりで副作用が出やすいか出にくいかは変わってきますので、ツゲインを使用する際は必ずどのような副作用が発症する可能性があるのかチェックしてから使用するようにしてください。

ツゲインの副作用として報告の多いものは下記のような症状になります。

頭皮のかゆみ

頭皮のかゆみというのはツゲインを使用することで一番報告の多い副作用となっています。ツゲインというのは先程も説明した通り外用薬となっているため、外用薬の特徴である頭皮のかゆみが出やすい状況となっているのです。

また、この副作用というのは皮膚が弱かったり、使用量を間違えていたりなどするとさらに出やすい副作用となっていますので、必ず自分がツゲインを使用できるか、また正しい使い方はどのようなものなのかを確認してからツゲインを使用するようにしてください。

もしもツゲインを使用してかゆみが発症し、頭皮に炎症を起こしたり湿疹が出てしまった場合はすぐにツゲインの使用を中断し、医師へ相談するようにしてください。

低血圧症状

ツゲインの主成分として使用されているミノキシジルという成分は元々降圧剤の薬として使用されていた成分です。降圧剤というのは血圧を下げるための薬で、基本的に高血圧の方へ使用されるものです。

ミノキシジルを使用した患者から副作用で髪の毛が増えてしまったという報告が多数あり、そこからAGAに効果的な治療薬として生まれ変わったのです。

そのため、ツゲインを使用することで低血圧症状といったものが発症してしまう可能性があります。ツゲインは外用薬となっています。そのため、頭皮からミノキシジルを吸収するので低血圧症状が起きる可能性というのはとても低いと言えます。

ですが、確率的には低いといっても必ず発症しないというものではありませんので、ツゲインを使用する前には発症する可能性がなくはないと頭に入れておきましょう。

低血圧症状というのは朝に弱くなってしまったり、めまい、ふらつきといった症状が起きてしまうものです。もしもツゲインを使用してからこのような症状が発症していると発覚した場合は病院へいき医師に相談するようにしましょう。

また、元々低血圧の方がツゲインを使用する場合は低血圧症状が起きやすい状況となりますので、注意してください。

初期脱毛

初期脱毛というのはツゲインを使用したことで髪の毛を生やすのではなく、逆に脱毛を多くしてしまうといった症状です。ですが、これはツゲインの効果があらわれてきた証といっても良いでしょう。

フィナステリドやデュタステリドを配合した薬にも同じような症状があるのですが、原因としてはAGAによって乱されたヘアサイクルを正常に戻しているため起きてしまうといった症状なのです。

初期脱毛が起きることでAGAの治療を中断してしまうといった方が多く存在しますが、絶対にやめてください。中断してしまうとツゲインを使用する前よりもさらに酷い状況になってしまう可能性が高いです。

初期脱毛というのは2週間~1ヶ月半程度すると治まります。この期間中は辛いかもしれないですが、帽子やカツラを被ったりなどして過ごすようにしましょう。

ツゲインの使い方

ツゲインの使い方

ツゲインはロゲインのジェネリックとなっているので、使い方としてはロゲインと一切同じです。そのため、過去にロゲインを使っていたという方なら簡単に扱えるかと思います。また、他のロゲインジェネリックであるカークランドやミノキシジルとフィナステリドを配合しているモールエフなんかとも同じような使い方となっているので、基本的にミノキシジルの外用薬を使用したことのある方であれば、誰でも簡単に扱えるかと思います。

ツゲインの使い方としては専用のスポイトで液剤を取り、スポイトから頭皮に直接塗布していくのみとなっています。ただし、注意しなければならない点があり、髪の毛ではなく、頭皮に塗らなければなりません。

髪の毛に塗ったとしても一切効果はありません。頭皮が薄くなっている部分から少しずつ塗布していくようにしてください。

塗布が終えたら頭皮全体を指の腹で優しくマッサージしていきましょう。爪を立てたり、シャンプーの時のような要領でやってしまうと頭皮を傷つけてしまう可能性がありますので、注意してください。

ツゲインは1日2回の使用が良いとされています。1回で1mlずつ塗布していきましょう。使用するタイミングとしては自分の都合で大丈夫です。ただし、1回使用したら12時間間隔で行うようにしてください。

朝起きた後や帰宅後など、確実に空いている時間がある場合はその時間に決めて使用すると良いでしょう。ツゲインの使用を毎日決まった時間に行うことでツゲインの効果を切れさせることなく、AGAの治療も早く済ませることが出来るでしょう。

下記の動画はツゲインではないですが、使い方としては同じとなっているので、参考にしてみましょう。

ツゲインは女性も使える

ツゲインというのは上記で少しだけ説明しましたが、ミノキシジルの配合量が2%、5%、10%の3種類存在しています。日本国内でミノキシジル配合の薬として販売されているのはリアップのみで、こちらは配合量5%です。また、女性用であるリアップジェンヌは配合量1%となっています。

女性の場合はミノキシジル5%を使用するのは危険とされているため、リアップジェンヌは配合量を少なくしているのです。ですが、ツゲインの2%であれば女性でも安心して使用することが出来ます。

女性の場合はAGAではなくびまん性脱毛症が多いです。基本的にパントガールといった薬を使用して治療を進めるのですが、このパントガールと併用してミノキシジルを使用しているという方も中には存在します。

ですが、ミノキシジル配合量の多い薬ですと副作用を強く出してしまう可能性が高いため、女性の方がツゲインを使用する場合は配合呂う2%のものを使用するようにしましょう。