AGA治療成功者の声

私はかつて薄毛でした。
頭のてっぺんはさみしくまさに落ち武者と形容してもいいくらい悲壮感が漂っていたと思います。

ですが、ミノキシジルとプロペシアを同時に使い、激変をしました。

そもそもハゲだしてきたのが2年前でした。
当時からAGAのCMが流れていたためその存在は知っていましたが、まさか自分がなっていたとは。
今、35歳ですが、私のように若くしてハゲるのはこのAGAの人が多数といいます。

病院へ行きショックを受けましたが、ある意味では心が軽くなりました。
その時は確かプロペシアのみを処方されていたと記憶しています。

3ヶ月ほど使用して抜け毛が減ったのに気付きました。
しかし髪はなかなか生えてきません。
副作用は出ていなかったので思い切ってミノキシジルも使ってみようと思いましたが少し怖かったのです。
なぜなら内服の方は効果が強いものの副作用も出てしまうと聞いていたからです。

そこでまずは国内唯一の某外用薬を使用し半年ほどが経過しました。
産毛が少しづつ生えてきたのを確認し喜びに溢れていましたが、少しじれったくなった私はミノキシジルタブレットを病院でもらうことに決めました。
するとどうでしょう。
2ヶ月経ってから太い毛が何本か確認できたのです。
もちろんプロペシアは引き続き服用をしています。

既に治療を開始してから1年経過したでしょうか。
明らかに抜け毛は減り、髪も生え出してきたのです。
長い目で見なければいけないとお医者さんにも言われていましたし、私も我慢強い方なので功を奏したのではないでしょうか。
副作用もそこまで気にならなくなり(性欲減退はたまに起きましたが)さらに1年経過した現在の私の頭頂部は当時とは比較にならないほどフサフサになりました。
もちろん正常な頭髪の人と比べるとまだ薄いですが、それでもまったく引け目を感じることはなくなりました。

AGA治療のデメリットといえば金額でしょうか。
私はタバコを吸わないですしそこまでグルメではないため費用を捻出できましたが、月に2万ほどの出費はやはり大きいです。
今ではプロペシアもミノキシジルタブレットもジェネリック医薬品が出ているという情報を知りましたので、今度利用してみようと考えています。
わざわざ病院へ行かなくても自分の欲しい薄毛治療薬が手に入る、しかもジェネリックなら安い、このメリットを利用しない手は無いでしょう。

継続は力なりとはこのことです。
薄毛は治ります。
これからも継続していき、時にはお医者さんと相談しながら完全に薄毛から脱却できれば最高です。