ロゲインは通販で購入しよう

ロゲインは通販で購入しよう

ロゲインはミノキシジルという成分が含まれており、AGAの治療にとても効果を発揮する薬です。ロゲインは通販のみでしか販売はされていません。同じミノキシジルが入っており、同一の効果のリアップという薬なら日本国内で販売されていますが価格はかなり高めです。1ヶ月でまたミノキシジルとなると何年も長期的に使用し続けないといけないため出費としてはかなり痛いです。ロゲインならリアップの半額程度の価格で購入することができます。それでいて同じ成分、効果なのでリアップを使用しているならロゲインに乗り換えた方がお得ですね。それ以外にも通販の特徴を紹介していきます。

※リンク先はロゲインジェネリックのツゲインです。

時間や場所を問われない

病院やクリニックで処方して貰う場合は実際にその場所へ足を運ばなければなりません。そのクリニックがやっている時間が昼間だけとなった場合、社会人の方ならば仕事を休む羽目になることもあるでしょう。通販の場合はネットに繋がっていればどんな場所でもどんな時間でも注文することができます。病院やクリニックへ足を運ぶ必要がなく、今ではスマホ1つで購入できるので大変便利です。

通勤中の電車や休憩時間など時間がちょっとでも空けばすぐに注文ができます。慣れてくれば1分も経たずに注文することも出来るでしょう。注文が終えればあとは届くのを待つだけなので何も手間を必要としません。病院に行く時間がないという方は通販を試してみても良いかもしれません。

誰にもバレずにAGA治療ができる

病院へ行くのも恥ずかしい、誰にもバレずにこっそり治療したいという方は通販の利用をおすすめします。実家に住んでいる方でも郵便局留めにしてしまえば家族にバレることもありません。また、箱の中身は記載していませんので配達員にもバレることはありません。AGAを治療しているという事を誰にも知られたくないという方は通販を利用してロゲインを購入しましょう。

商品到着まで長い

通販の唯一のデメリットといったらこの到着までが長いという点です。ロゲインは海外の薬なので、発送も海外からとなってしまいます。そのため商品到着まで1週間~2週間程度かかってしまいます。これだけの日数ならさすがに待てないという方も多いでしょう。ですが、これさえ我慢できるのであれば通販は向いています。

ロゲインの注文2回目からは使用しているロゲインが無くなりそうな時に注文するようにしましょう。そうすることで長い日数を待つこともありません。また、何ヶ月分も購入しておくことで送料も抑えられるので安くなります。

病院やクリニックと比べると安い

病院やクリニックと比べると安い

通販の場合は病院やクリニックに行く必要もなく、薬代だけとなりますので、かなり安く済みます。薬代も非常に安く購入できるので日本でAGAの薬を揃えるよりも半額以下の価格で済みます。病院やクリニックの場合は通院も必要となってきます。診断料も含まれてきますので年間でかなりの出費となるでしょう。ですが、通販は薬代のみとなり、ロゲインジェネリックのツゲインなら大用量で安く済むのでそこまで痛い出費にはなりません。

現在通院をしながらAGAを治療している方も通販でロゲインを購入に乗り換えれば今まで使っていたお金も浮くことでしょう。

ロゲインはamazon(アマゾン)では買えない

ロゲインは通販のみでしか購入できませんが一般的な通販サイトでは販売されていません。amazonや楽天といった大手の通販サイトではリアップしか販売されていませんので、ロゲインを購入するには個人輸入代行を行っている通販サイトを利用しなければなりません。

個人輸入代行を行っている通販サイトというのは今では一般的になっており、多くの利用者がいます。また、そのような通販サイトであればロゲインのジェネリックが販売されています。ジェネリックですと通常のロゲインよりも格安で購入でき、効果も同じなのでもっとお得に感じる事ができるでしょう。ツゲインという薬なら男女兼用なので女性の方でも安心して使用することができます。また、ミノキシジルが10%も配合されているのでより高い効果を発揮してくれます。

※リンク先はロゲインジェネリックのツゲインです。

ロゲインとリアップの違い

ロゲインとリアップの違いというのは海外名か日本名かだけです。成分はどちらもミノキシジルが入っていますので効果は同一です。副作用も使用方法も同じです。唯一の違いと言えば販売価格が全く違います。リアップですと7000円程度したのがロゲインの場合は半額程度で購入することが可能となっています。ですがロゲインを購入する場合は個人輸入代行を行っている通販サイト利用しなければなりません。リアップの半額で同じ効果を得られるのであればロゲインに乗り換えたほうが経済的にも余裕が出て来るでしょう。

ロゲインの効果

ロゲインの効果

ロゲインはミノキシジルを主成分としているのでAGAの治療に最適です。育毛、発毛効果には期待できるでしょう。作用としては血管を広げ血流を促してくれます。そうすると毛乳頭細胞という細胞が栄養や酸素を多く受け取り、毛母細胞へ命令を出します。そこで細胞分裂が活性化されて髪の毛を成長させるのです。AGAの時は生えてきたとしても細く弱い髪の毛でしたが、ミノキシジルは太く強い髪の毛を生成してくれます。

基本的にミノキシジルというのは育毛と発毛に効果がある成分です。そのため抜け毛を防止するといった効果はありません。抜け毛を防ぐにはプロペシアを使用しましょう。プロペシアに含まれているフィナステリドは育毛、発毛の効果はあまりありませんが、抜け毛を防止するという効果に至ってはミノキシジルよりも高いです。

ロゲインは使用するだけで簡単に髪の毛が生えてきますが使用してすぐに生えるというわけではありません。長期間の継続が必要となってきます。これはプロペシアにも同じ事が言えます。最低でも1年、2年は必要です。3年使用し続けることでハッキリと効果を実感できるとも言われていますので、ロゲインを使用するとなった際は長期間継続する覚悟を決めましょう。

ロゲインの副作用

ロゲインは外用薬となっており、比較的副作用は少なめです。ですが、下記のような副作用が出てしまう事がありますので頭に入れておくようにしましょう。

頭皮のかゆみ

ロゲインを使用した際に多く報告されているのは「頭皮のかゆみ」です。これがなぜ起きるのかというと、ロゲインにはミノキシジルの他にプロピレングリコールという成分が含まれています。この成分によってアレルギー反応をおこしてしまい、かゆくなってしまうと言われています。

また、自己流で使用していると使用量を間違えてしまい、刺激が強すぎて頭皮に炎症を起こしたり、湿疹が出てしまう危険性がありますので使用方法はしっかりと守るようにしましょう。また、症状が治まらないという場合や意図しない異変が起きた場合はすぐに使用を中止し、医師へ相談するようにしてください。

初期脱毛

初期脱毛

初期脱毛というのはロゲインを使用した時に起こる脱毛です。ですが、これはロゲインの効果が効いてきたという証と思っておいて良いでしょう。プロペシアにも同じような副作用があります。どちらも通常のヘアサイクルに戻そうとして起こる事なので心配はいりません。

初期脱毛が起きる理由としましてはミノキシジルの栄養供給効果によって起こるものです。成長が休止している髪の毛を落として新しい髪の毛を作ろうとしているものなのでAGAが早く進行しているということではありません。

不健康な髪の毛を全て落としてしまうのでびっくりしてロゲインの使用を中断してしまう方もいますが、必ず辞めないようにしましょう。中断してしまうとAGAの進行が進み、もっとひどい状態になってしまいます。だいたい2週間~1ヶ月半程度でこの初期脱毛は終わりますのでなんとか耐えましょう。

低血圧症状

ロゲインに含まれているミノキシジルはもともと高血圧の薬として使用されていたものです。使用していた患者から髪の毛が増えたという報告が多数あり、そこからAGAの薬として誕生しました。現在AGAの薬として認知はされていても元々は高血圧の薬なのでまれに低血圧症状が起きることがあります。

ロゲインは外用薬で皮膚からミノキシジルを吸収するため起きることは滅多にありませんが、一応頭に入れておきましょう。低血圧症状は朝に弱くなったり、めまい、ふらついてしまうなどの症状が多くみられます。

ロゲインの使い方

ロゲインの使い方としては頭皮に直接塗布していくだけです。ここで注意しなければいけないのは髪の毛ではなく頭皮に塗るという点です。髪の毛に塗ってもなにひとつ効果はありません。髪の毛が薄くなっている部分に少しずつ塗布していきましょう。

塗布後は頭皮全体を指の腹でマッサージする感じでなじませます。この時に優しくしないと頭皮に傷がついてしまいますので注意してください。

1日2回、1回で1mlずつ塗布していってください。1回の塗布が終えたら約12時間後にもう1度塗布するのが良いです。自分がやりやすいタイミングでするようにしましょう。

塗布した後はドライヤーで乾かさないようにしてください。自然乾燥させることが大切となってきます。ドライヤーで乾かしてしまうとミノキシジルが浸透する前に乾いてしまうので効果がかなり落ちてしまいます。また、1回1mlという量をかならず間違えないようにしてください。専用のスポイトでしっかり計ってから使用するようにしましょう。

ロゲイン使用の際の注意点

ロゲインを使用する際は以下の事に注意しましょう。

濡れた頭皮に塗布する

頭皮が濡れた状態でロゲインを使用すると髪にある水分でミノキシジルが流れてしまうことがあります。頭皮を清潔にしてから使用するというのはとても良いことですが、お風呂上がりなど髪の毛を乾かさない状態で使ってしまうと効果が半減してしまいます。お風呂上がりにロゲインを使用する際は必ずドライヤーで完全に乾かした状態で使用するようにしましょう。

ロゲイン使用直後に髪を染める

AGAの治療中は髪を染めるといった行為は特に禁止されているものではありません。ですが、ロゲインを使用した直後や頭皮にまだロゲインが残っている状態で髪を染めたりしてしまうと頭皮に負担をかけてしまいます。負担がかかるとかゆみが発症したりかぶれの原因にもなりますので注意してください。

それ以外にも化学反応を起こしてしまい思いもよらない症状を招いてしまう危険がありますので注意しましょう。どうしても染めたいという方はロゲインを頭皮から洗い流し、キレイな状態で使用するようにしましょう。

ロゲインが使えない方

ロゲインが使えない方

ロゲインはAGAにとってとても効果がありますが、使うことができない方もいます。気になっている方はまず自分がロゲインを使えるのかどうかしっかりと調べてから使うようにしましょう。

頭皮に炎症を起こしている

ロゲインは頭皮に直接塗布する薬です。そのため、頭皮に異常が起きている方は使えません。かゆみがあったりかぶれ、炎症を起こしている場合は必ず使用を避けてください。また、一時的に起こしてしまっているという方の場合は必ず治ってから使うようにしましょう。

肌が体質的に弱く、使えるのかどうか分からないという方の場合はまずパッチテストを行うと良いでしょう。ロゲインの液を耳の後ろや二の腕の内側につけ、1日~2日様子を見ましょう。この時異常を起こしてしまった場合はロゲインの使用は控えてください。

18歳未満

18歳未満の方の場合は必ず使用してはいけません。使ってしまうと重大な副作用を招いてしまったりします。まず若くして薄毛が気になるという方はAGAではない場合が多いです。安易にロゲインに手は出さずに病院へ行き対処しましょう。身体の成長期にロゲインを使ってしまったことでその時は何もなくても今後問題が発生してしまうという危険もありますので注意してください。

不整脈・低血圧

ロゲインに含まれているミノキシジルというのは元々は高血圧の薬として使われていた成分です。そのため、低血圧の方が使ってしまうとさらに血圧を下げてしまい思わぬ副作用を発症してしまう危険性があります。

また、不整脈をもっている方がミノキシジルを使うことでさらに症状を悪化させる事となります。ロゲインを使ったことで不整脈になってしまったという方もいますが、それは元々不整脈を持っており、ミノキシジルで症状をさらに悪化させて表に出てきたというケースが多いようです。

ロゲインジェネリックのツゲイン

ロゲインジェネリックのツゲイン

ロゲインのジェネリックで一番有名な薬はツゲインという薬です。成分は同じミノキシジルは含まれていますので、効果、副作用、使い方は全て同じです。また、ツゲインの場合はロゲインとは違ってミノキシジルの用量が2%、5%、10%の3種類から選ぶことができます。10%を選べばより高い効果を得ることが出来るのおすすめです。

リアップよりも安いロゲイン。そのロゲインよりもツゲインは安いです。その上ミノキシジルの用量を選べますのでリアップを購入するならツゲインを購入したほうが確実にAGAを治療するには最適と言えるでしょう。

ロゲインのジェネリックはツゲインの他にもカークランドという薬があります。こちらもかなり安く購入でき、ロゲインやツゲインのように液体をスポイトで取るタイプやヘアムースのようなフォームタイプの2種類があります。フォームタイプの場合は少量でまんべんなく頭皮に浸透させることが出来るためコストパフォーマンスに優れています。また、乾くのが早いのもフォームタイプの特徴です。

ツゲインは女性用でも使える

ツゲインにはミノキシジルの用量が2%、5%、10%の3種類があるというのは説明しました。そのためツゲインは女性でも使用することができるのです。基本的にロゲインは女性の使用が禁止されています。それはミノキシジルが5%も含まれていると、使用した際の安全性が確認できないとされているためです。

ですが、ミノキシジルが2%のみとなると女性でも安心して使用することが出来るのです。日本ではリアップジェンヌという薬が販売されています。それは女性用の育毛剤なのですが、これはミノキシジルが1%のみしか含まれていません。ツゲインならばこの2倍は含まれているので確実にリアップジェンヌよりも高い効果を発揮することが出来ます。

現在ではFAGAやびまん性脱毛症といった様々な薄毛に悩まされる女性も多いかと思います。そのような方はツゲインやパントガールといった女性用の育毛剤を使用して治療しましょう。