プロペシアの効果と副作用

プロペシアとは一般名をフィナステリドといい、薄毛に対し使われている医薬品です。

元は前立腺肥大に対する治療薬プロスカーとして先に販売をされていたのですが、有効成分であるフィナステリドの効果により発毛効果が確認されたため、薄毛治療の薬として研究をされました。

プロペシアを開発した医薬品メーカーはメルク社(MSD)です。

薄毛への効果が非常に高いプロペシアなのですが、その前にAGA(男性型脱毛症)の原因についてご説明します。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質により起こる症状で、テストステロン(男性ホルモンの一種)が、5αリダクターゼと呼ばれる酵素によりDHTに変換されます。
DHTが生成され、毛乳頭細胞に存在をする男性ホルモン受容体と結合をすると、ヘアサイクルの成長期である髪の毛に成長を止めるよう信号を送ります。
すると成長期にあたる髪の毛はヘアサイクルの退行期または休止期に移行してしまいます。
そうなると髪の毛が正常に成長しないまま抜け落ちたり、細い髪の毛が増えてくるため、薄毛という現象が起こるのです。

そこでDHTの生成を防ぐのがプロペシアです。
フィナステリドが、5αリダクターゼを阻害します。
成長期を止めるよう指示されていた髪の毛も再び成長しだし、正常なヘアサイクルに戻ることが出来るのです。

一方で副作用もあり、発現する人は少ないと言われていますが、代表的なものとして男性機能障害が挙げられます。
勃起障害や性欲減退、精子生成の低下などが言われています。

なお女性は服用はおろか接触もしてはいけません。
妊娠している場合、胎児に対し重大な障害を起こす危険性があるからです。
そのためプロペシアは医薬品としての危険度が一番高く設定されているのです。

プロペシアを服用すると、早くて半年もすれば効果を実感できますが、あくまでも長期間で臨む薬です。
根気よく続けていきましょう。