プロペシアで発毛の効果

プロペシアで発毛の効果

プロペシアはAGAに対してとても効果的な薬と言えます。ミノキシジルと併用することでAGAの治療を早めてくれます。まず髪の毛が生えてから抜けるまでの期間を毛周期と言います。この毛周期には成長期、退行期、休止期の3つがあり、繰り返され続けて生えたり抜けたりしています。

・成長期は新たな髪の毛が生まれ育っていく時期です。約2年~6年程度かけて成長し続けます。髪全体の約90%が成長期にあたります。
・退行期は髪の成長が徐々に止まっていく時期です。成長期に比べると早く約2週間程度で止まります。髪全体の約1%が退行期にあたります。
・休止期は成長が完全に止まり、抜け落ちるのを待っている時期です。日常生活の中でも自然と抜け落ちていきます。髪全体の約10%が休止期にあたります。

AGAとなると約2年~6年ある成長期が数ヶ月~1年とかなり短い状態になってしまいます。長くても1年で成長がとまり、そこから抜け落ちるため薄毛がどんどん進行してしまうのです。

プロペシアで発毛の効果

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質により起こる症状で、テストステロン(男性ホルモンの一種)が、5αリダクターゼと呼ばれる酵素によりDHTに変換されます。DHTが生成され、毛乳頭細胞に存在をする男性ホルモン受容体と結合をすると、ヘアサイクルの成長期である髪の毛に成長を止めるよう信号を送ります。

そこでDHTの生成を防ぐのがプロペシアです。プロペシアに含まれている成分のフィナステリドが、5αリダクターゼを阻害します。成長期を止めるよう指示されていた髪の毛も再び成長しだし、正常なヘアサイクルに戻ることが出来るのです。また、プロペシアは髪の毛が抜けるのを防ぐ薬です。そのため、飲むと決めたなら早めに飲む事をおすすめします。早めに飲むことで効果をすぐに実感でき、かなりの抜け毛を予防することができます。

プロペシアを服用すると、早くて半年もすれば効果を実感できますが、あくまでも長期間で臨む薬です。

プロペシアの服用に適さない方

プロペシアを服用するのに適した年齢というのがあります。それは20歳~50歳の男性です。プロペシアは20歳以上の方のために開発された薬であるため、20歳以下の方にプロペシアの有効性というのは認められていません。

20歳以下の男性がプロペシアを服用すると男性ホルモンを抑える事になり、大きな副作用を招いてしまう危険性があります。20歳以下の男性で薄いかもと思う場合はAGAではない場合もあるのでプロペシアといった薬に手は出さず皮膚科などの病院へ行くようにしましょう。

プロペシアの効果についてプロペシアを開発したMSDという会社が臨床実験を行っています。研究対象は20歳~50歳です。そのため、50歳以上の方が服用してはいけないというわけではないですが、実験対象ではありませんので、安易にプロペシアに手を出さない方が良いでしょう。年齢を重ね続ける事で代謝機能が落ちてくるためプロペシアの効果があまり感じられなかったり副作用が強く出てしまうといった事があるかもしれません。

また、常用薬がある場合には必ずプロペシアと併用は大丈夫確認をとってから服用するようにしましょう。併用禁忌薬だった場合には思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。

フィナステリドよりも効果の高いデュタステリド

フィナステリドよりも効果の高いデュタステリド

デュタステリドはフィナステリドよりも抜け毛防止に関しては高い効果を持っています。先程プロペシアの効果として「フィナステリドは5αリダクターゼを阻害する」という風に記述しました。この5αリダクターゼは実は1型と2型で2種類あります。フィナステリドはこの2型を抑制する事が出来ますが、1型は抑制することができません。

1型は主に皮脂腺に存在しており身体中にあります。2型は主に毛乳頭内に存在しており、生え際や頭頂部、前立腺といった限られた場所に存在しています。1型と2型どちらを抑制するのかというと2型を抑制したほうが薄毛に効果があるとされています。もちろん1型も抑制出来るのであれば良いですが、「2型の影響を受けていない男性はAGAによる脱毛症があまり見られない」と結果が出ているのでフィナステリドでも十分とされています。

ですが、デュタステリドは1型、2型共に抑制することができる成分です。AGA治療においてはフィナステリドに比べて約1.5倍の効果を持っています。実際にデュタステリドとフィナステリドを比べる実験として同じレベルのAGA進行検体に対し、デュタステリドとフィナステリドを投与して、150日経過時点で毛髪数を比較しました。直径1インチの中で、デュタステリドは108本の髪の毛が成長した事を確認。フィナステリドは72本となりました。これから見てもデュタステリドの方が効果は高いとわかります。また、髪の太さにおいてもデュタステリドの方が効果は高いと結果が出ています。

これほどまでに効果の高いデュタステリドがなぜ普及されないのか。それはAGA医薬品として認可が最近まで下りていなかったからです。デュタステリドは元々前立腺肥大症改善薬として開発されていました。そのため、前立腺肥大症改善薬としての認可のみがおりている状態でした。ですが、2015年9月28日に厚生労働省から正式にAGA治療薬として認可されました。今では医療機関においてありますが、最近までなかった薬でしたのでまだまだ知名度は低いのでしょう。

デュタステリドで有名な薬となるとザガーロやアボルブという薬です。日本では薬局やドラッグストアでは購入できず、病院やクリニックにしかありません。病院へ行くのが面倒、恥ずかしい、時間がないという方は通販サイトを利用しましょう。大手通販サイトと購入方法は変わらず購入することが出来るので誰でも簡単に購入することができます。また、通販サイトならザガーロのジェネリックが多く取り揃えられています。中にはかなり安く購入できるものもありますので気になった方は試してみてはどうでしょうか。

※リンク先はザガーロのジェネリックです

プロペシアの副作用

プロペシアは内服薬となるため、外用薬と比べると副作用は少し多めと言えるでしょう。多く報告されているものとすればプロペシアを服用しはじめてからの脱毛(初期脱毛)顔、手、足のむくみ男性機能の低下肝機能障害といったところです。それぞれ説明していきます。もしも副作用が現れ症状が治まらないとなった場合はすぐに医師へ相談するようにしましょう。

プロペシアで脱毛が起こる

プロペシアで脱毛が起こる

プロペシアを服用し始めて多くの方が「抜け毛が増えた」という報告をしています。抜け毛を防止しようとしているので増えたとなると不安になってしまい中断してしまうという方が多くいます。ですが、これは初期脱毛といい、ヘアサイクルが正常なサイクルに戻っている合図です。そのため、必ず中断はせずに継続することが大事となります。初期脱毛というのは休止期の髪の毛が抜け落ちているだけなので心配する必要はありません。この初期脱毛は早い方ならば服用しはじめて3日目くらいで現れます。ほとんどの方は1週間ほどで現れます。初期脱毛が始まり1ヶ月前後経つと症状は治まりヘアサイクルが正常に戻るでしょう。最初は少し不安になってしまう面がありますが、髪の毛が正常なサイクルに戻ろうとしているので必ず中断はせずに継続しましょう。

顔、手、足のむくみ

プロペシアを服用し始めてから顔や手足にむくみが現れたという報告が多くあがっています。ですが、プロペシアの添付文書にそのような記載は一切ありません。ではなぜむくんでしまうのか。それはプロペシアではなく、ミノキシジルも併用しているからです。プロペシアを服用する方の中でプロペシア単体でという方は少ないでしょう。ほとんどの方がミノキシジルと併用しているかと思います。ミノキシジルは血管拡張作用があります。なので顔や手足のむくみも当然副作用としてはあげられます。プロペシアはそのような作用がないため、むくみという症状からは程遠い存在とも言えます。プロペシアとミノキシジルの併用はAGAを完治させるためには必須とも言えます。むくみは食生活や日々の生活習慣を変えることで改善することができますので、試してみてはどうでしょうか。

男性機能障害

男性機能障害

プロペシアは服用してしまうとED(勃起不全)や性欲減退になってしまうと言われています。ですが、最新の結果からいくとこれはかなり確率の低い症状と報告されています。その確率も約1%~5%とかなり低めです。プロペシアを服用すると危ないと多くのサイトで目にしますが、実際にはそこまで心配する必要もありません。この数値も実際に臨床実験を行って出た結果なので信用できます。また、フィナステリドが男性機能が低下してしまうという因果関係も明確には証明されていないのです。

肝機能障害

プロペシアの副作用として肝機能障害はとても有名です。ですが、実際はそれほどリスクはありません。そもそも内服薬は肝臓へ負担がかかるものであり、肝機能障害というリスクは全ての薬が持ち合わせています。プロペシアは肝機能障害のリスクというのは少しばかりあるものの他の薬と比べるとそれほど大きいものではありません。発生率はとても少ないと言えます。臨床実験でも肝機能障害が発症したというケースはないので安心して服用できるでしょう。ただし、プロペシアを服用する以前から肝機能が低下していたり、アルコールを摂取している状態だった場合は発症してしまう危険性がありますので注意が必要となります。

プロペシアの服用方法

プロペシアの服用方法

プロペシアは継続的な服用をすることで効果があります。1ヶ月や2ヶ月服用したからといって効果が現れるようなものではありません。最低でも1年~3年は続けなければなりません。それでは1日にどのくらい服用すればいいのでしょうか。プロペシア1錠に含まれているフィナステリドは1.0mgです。1日に必要な用量は0.5mg~1.0mgと言われているため、1日1回1錠飲むようにしましょう。もしくは半錠でも大丈夫です。半錠にするにはピルカッターが必要となってきますので、通販で購入する場合はピルカッターも同時に購入しておくようにしましょう。

また、飲むタイミングですが具体的な時間帯の支持はありません。薬によっては食前や食後、寝る前などその声質により服用するタイミングというのはありますがプロペシアには一切決められていません。そのため、自分の都合で飲んでしまって大丈夫です。ですが、1錠で24時間効果が続きます。そのため1錠飲んだら24時間後にまた1錠飲むようにするのがベストです。朝食後や夕食後など自分で忘れないタイミングで習慣にしてしまいましょう。

飲む際は必ず水、またはぬるま湯と一緒に飲むようにしてください。時々お茶や清涼飲料水などと一緒に飲む方がいますが、飲料の成分と薬の成分が化学反応を起こしてしまい新たな副作用を招いてしまうという危険性もあるので、必ず水、またはぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。

服用の際の注意点

飲み忘れたから、効果をもっと強くしたいからといって1日に2錠飲むといったことは絶対に禁止です。1日1錠というのは必ず守るようにしましょう。またアルコールの摂取には注意しなければなりません。薬というのは飲むと一時的に肝臓に溜まります。これはプロペシアに限らずどの薬も同じです。そのため、アルコールを摂取した直後にプロペシアを服用となると肝臓に負担をかけすぎてしまうこととなります。プロペシアの副作用で説明しましたが、肝機能が低下して肝機能障害を起こしてしまう危険性が出てきます。そうなるとAGAの治療どころかさらに大きな病気を引き起こしてしまうということにもなりかねませんので、お酒を良く飲む方は必ず注意しなければなりません。

プロペシアのジェネリック

プロペシアとは一般名をフィナステリドといい、薄毛に対し使われている医薬品です。同じフィナステリドを含んでいるジェネリック医薬品というのがプロペシアには存在します。ジェネリックとは成分、効果、副作用や服用方法が同じですが格安で購入することの出来る薬品です。現在日本でプロペシアを入手するとなると病院やクリニックといった場所で処方されるしかありません。ですが、通販を使う事でプロペシアより格安のプロペシアジェネリックを購入することができます。

フィンペシア

フィンペシア

フィンペシアはプロペシアジェネリックとして一番有名なジェネリック医薬品です。ジェネリックとなるため、効果、成分、副作用、服用方法は全て同じです。違う点といえば値段です。プロペシアの約1/5程度の値段で購入することが可能です。安いと怖いと思うかもしれないですが、フィンペシアは今では世界でとても人気のある薬とされていてしっかりとAGAに対して効果を発揮してくれます。フェンペシアは通販を利用しなければ購入することは不可能とされています。

プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルは併用することがAGA治療には必須です。ではなぜ併用することが必須となっているのでしょうか。それはプロペシアとミノキシジルはそれぞれ役割が違うからです。プロペシアは先程も記述した通り、ヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。中でもAGAによって早まっていた髪の毛の成長期を正常に戻し、抜け毛を防止してくれます。

それに対しミノキシジルは髪の毛を生やす役割があります。血管を拡張させ、毛乳頭細胞に「髪の毛を作れ」と命令を出させることで今まで生えづらかった髪の毛が正常なサイクルに戻り生え続けます。

この様に抜け毛を防止するプロペシアと髪の毛を生やすミノキシジルが合わさることでAGAを完治させることができるのです。

プロペシアを通販で購入

プロペシアを通販で購入

プロペシアは現在クリニックや病院でしか処方されていません。ジェネリックとなると日本で入手は不可能とされています。フィナステリドが含まれている薬はプロペシアしかありませんので現状はクリニックや病院へ行くしかAGAを治療する術はないといっても過言ではありません。ですが、通販ならプロペシアを購入することができます。通販といっても楽天やamazonといった一般的な大手通販サイトではありません。個人輸入代行サービスを行っている通販サイトです。個人輸入代行サービスというのは海外医薬品を購入したいけど購入方法や個人輸入の仕方が分からないという方に向けたサービスです。購入者の変わりにその海外医薬品を輸入してくれるので購入する際に行う事は一般的な通販サイトとなんらかわりはありません。

購入したい商品をカートへ入れ注文するだけです。一番のメリットは誰にもバレずに購入できるという点です。AGAを治療しているのがバレたくないという方ならとてもおすすめです。実家の方なら郵便局留めも出来るので絶対にバレる事はありません。箱の中身を記載していませんので配達員にすらバレません。また、通販ならジェネリックが販売されているのであまり大きな買い物をしたくないという方でも少ない出費で薬を購入することが出来ます。通販ではミノキシジルも多く販売されているのでプロペシアと同時にミノキシジルも購入すると良いでしょう。

プロペシアの歴史

プロペシアの成分フィナステリドというのは元々男性ホルモンを抑制する薬として開発されていました。アメリカの製薬会社が1991年に開発を始め、前立腺肥大症改善薬としての認可もされていました。その後、臨床実験やデータによってフィナステリドという成分は脱毛の減少、毛髪の増加という副作用が出ると判明しました。

この副作用が出たおかげでフィナステリドはAGAの治療薬として研究、開発が開始されました。1997年にはアメリカで認可され、現在では世界60カ国以上で認可されています。日本では2005年に厚生労働省から認可され、プロペシアという名前で発売されています。