ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の副作用

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)の副作用

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)はミノキシジルを主成分としたAGAに効果的な薬です。ロゲインのような外用薬ではなく内服薬となっています。服用するため効果も高く均一に広がってくれますが副作用も外用薬より少し強く出てしまうという特徴があります。外用薬で効かなかった方がミノタブに乗り換えるという事がよくあります。

実際に効果も高いのでリアップやロゲインといった外用薬で効果がなかった方はミノタブのような内服薬に乗り換えてみるのも良いかもしれません。ですが、副作用には必ず目を通して注意しておきましょう。実際に報告のある副作用を紹介していきます。

体毛が濃くなる

体毛が濃くなる

ミノタブを服用した時に一番多く報告されている副作用は体毛が濃くなってしまうという症状です。この症状はミノタブを服用したほとんどの方が実感する副作用と言えるでしょう。ミノタブというのはもともと高血圧に使用する薬でした。そこで全身の体毛が濃くなると副作用が発見され薄毛に効果があるとなり、AGAの治療薬として登場しました。ミノタブは副作用としてAGAの治療が出来るほど発毛、育毛の効果があるのです。ではなぜミノタブを服用することで体毛が濃くなってしまうのか説明します。

ミノタブ服用で体毛が濃くなる原因

ミノタブは内服薬です。ロゲインとは違い服用してAGAの治療をしようとする薬です。口から摂取するとその有効成分は血液の流れに乗り頭皮へ運ばれることで発毛、育毛の作用があります。ですが、この時に流れるのは頭皮のみではないのです。口からの摂取なので全身の毛穴にその有効成分が作用してしまいます。そのため体毛が濃くなってしまうのです。全身の毛穴に作用してしまうため、足や手だけではなく、お尻、胸、顔の産毛も濃くなると報告があります。

濃さには個人差がある

どれくらい濃くなってしまうかというのが気になる点かと思います。それは個人差があります。ミノタブの効果が効きやすいという方もいれば効きにくいという方もいます。副作用も同じで症状が出やすい方もいれば出にくい方もいるのです。元々体毛が濃い人ならば変化にあまり気付かないかもしれないですが、体毛が薄い方の場合は驚く事になるでしょう。

ミノタブを服用して体毛が濃くなったと分かるのはだいたい2ヶ月~3ヶ月程度経ってからです。体毛が濃くなるのが嫌だからといってミノタブの服用を辞めても濃いままという方もいるそうです。もちろんミノタブの服用を辞めたとたんに元に戻ったという方もいます。こちらも個人差があるようですね。

体毛が濃くなった時の対処法はある?

ミノタブを服用して体毛が濃くなってしまうというのはしょうがないことです。体毛が濃くならないようにするという対処法は残念ながらありません。ですが、ある程度髪の毛が安定しているのであればミノタブの用量を減らして服用するのがおすすめです。用量を減らす事で作用は控えめになりますが、その分副作用も少なくなります。

その他にも除毛クリームを使ったり、脱毛エステを利用したりする選択肢もあります。ですがエステに行くとなると出費も大変な事になるでしょう。通う必要もあるので病院へ通院してAGAを治療するのと変わらない形となってしまいます。

初期脱毛

初期脱毛

初期脱毛というのはプロペシアフィンペシアに含まれているフィナステリドザガーロアボルブ、デュプロストに含まれているデュタステリドでも起きてしまう副作用です。初期脱毛がどのようなものかというと、ミノタブを服用し始めた時に抜け毛がかなり増えてしまうことです。ほとんどの方がこの初期脱毛に悩まされて途中で中断してしまいますが、AGAを完治させるためには長期間の服用が必要です。絶対に中断はしないようにしましょう。

初期脱毛の原因

初期脱毛にも個人差があり、ほとんど髪の毛が抜けない方もいれば今までの何倍も抜けてしまうという方がいます。大体の方がミノタブを服用しはじめて1ヶ月程にあらわれます。ではなぜ初期脱毛が起きてしまうのでしょうか。

初期脱毛というのは決して悪いことではありません。髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、成長期、退行期、休止期の3つがあります。髪の毛の9割が成長期となっており一番重要です。正常のヘアサイクルの場合は成長期が約2年~6年程度なのに対し、AGAになると長くても1年で終わり、退行期、休止期へ移行します。

髪の毛は休止期に入ると抜けてしまいます。初期脱毛というのはこの休止期に入った髪の毛を全て落として新しい髪の毛を育てようとしているのです。細く短い髪の毛を落とし、太く長い髪の毛を生やすため正常のヘアサイクルに戻そうとしているため、AGAの進行が早まっているというわけではありません。

初期脱毛で抜ける本数

初期脱毛自体に個人差があるため、皆が皆これくらい抜けるというわけではありません。ですが、初期脱毛が始まる前よりも抜ける方は多いです。平均にすると1日に数十本~100本程度とされています。多い方ですと1日あたり300本~400本程度抜けてしまうという事例もあります。

初期脱毛で抜ける髪の毛というのは成長しきれていない髪の毛です。十分な成長を達せずに休止期に移行してしまったものなので短く細い髪の毛が比較的多くみられます。

初期脱毛の対処法

初期脱毛は体毛が濃くなる副作用と同じで対処法がありません。誰にも見られたくないというのであれば、外に出る時は防止を被ったり、カツラを着用したりしましょう。初期脱毛は多くの方が起きてしまう症状です。ですが、この初期脱毛が終わることで正常のヘアサイクルに戻り、太く長い髪の毛がしっかり生えてきます。

初期脱毛の終わりの目安としては抜け毛が急に少なくなる期間です。どれだけ長い方でも2ヶ月程度で終わりますのでこの2ヶ月間は耐えるようにしましょう。もし何ヶ月も続くようであれば病院へ行き、医師へ相談するようにしましょう。

血圧の低下

血圧の低下

ミノタブは高血圧のための薬として開発が進められていたと説明しました。そのため、ミノタブの副作用として血圧低下の症状がよくみられます。なぜミノタブで血圧が低下してしまうのか、血圧が低下した時にどんな症状が起きてしまうのかを説明します。

ミノタブで血圧低下になる原因

血圧低下というのはミノタブに含まれているミノキシジルが本来持っている効果です。まず血圧が高いというのはどのような状態なのでしょうか。

血管の内側にコレステロールがついてしまい細くなってたりして血流の妨げになっていると当然ですが血液が流れにくい状況が起こります。血液が流れにくいとなると循環させるためには高い圧力を掛け、押してあげなければ血液は流れてくれません。この状態が血圧が高いということです。

ではこの血圧が高い状態をどのようにして対処するのか。それは血管を拡げる事で改善できます。血管を拡げると血液を流すために高い圧力もかけ、押してあげる必要ありませんので血液がスムーズに流れてくれます。これが血圧を低くするという状態です。

ミノキシジルの本来の効果はこの血管を広げて血流を促してくれる効果です。この効果がなければ頭皮へ栄養も補給されませんのでAGAは治る事はありません。そのためミノタブを服用した際は血圧が低下すると思っていて良いでしょう。

血圧低下で起きる症状

血圧が低下してしまうと様々な症状が起こります。ですが、これは皆が皆起こることではありません。血圧というのは適正な範囲があり、一般的に言われる低血圧、高血圧というのはその範囲を超えてしまっていたり、達していない状態です。

そのため、ミノタブを服用して血圧の適正範囲に達さなくなった場合は次のような症状が起きる可能性があります。

倦怠感
冷え性
めまい
貧血
動悸
頭痛
息切れ
不眠症
下痢
便秘
肩こり
しびれ
不整脈
徐脈
不眠症

などです。めまいや貧血といったのは低血圧の症状としては有名なのではないでしょうか。ミノタブを服用することで上記の症状が起きてしまう場合はすぐさま服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。また、元々低血圧の方の場合はミノタブの服用はしないようにしましょう。

高血圧の方も危険

ミノタブは血圧を低下させる副作用があります。だからといって高血圧の方がちょうど良いなんてことはありません。血圧が急激にていかしたり、また元に戻ったりなどを繰り返していると心臓に大きな負担となってしまいます。最悪の場合は思わぬ副作用を招いてしまう事となります。血圧というのは一定の数値を保つのが一番好ましいです。また、ミノタブの他に常用薬として高血圧の薬を使用している方ミノタブとの併用は絶対にしないでください。

ミノタブでむくみが起きる

ミノタブでむくみが起きる

ミノタブを服用すると「むくみが出た」や「太った」という報告が多くみられます。特に顔周りがむくんでしまったという方が多いです。ではなぜミノタブを服用することでむくみが起きてしまうのでしょうか。

ミノタブでむくみが出る原因

ミノタブというのは血圧が下がる薬という事は説明しました。血圧を下げる薬を降圧剤と呼びます。降圧剤の効果をミノタブはもっているため服用することによって、血中濃度が下がります。血中濃度が下がると体内がその薬の効果で下がったのに対抗して血中濃度を上げて正常に戻そうとしてきます。この働きのせいで「むくみ」が生じてしまうのです。

体内で血中濃度を上げるために、血管周辺にある余分な水分を放出しようとします。この放出により細胞に水分がたまってしまい、むくみの原因となります。

ミノタブでは特に顔のむくみが多く、中でも首周りやあごといった部分がむくんでしまったという方が多いです。

むくんだ時の対処法

体毛が濃くなるという副作用や初期脱毛と違ってむくみは対処法がしっかりあります。むくみを放置していると最悪の場合は重大な病気へ繋がる危険性もあります。そのためしっかりと対処をして治すようにしましょう。

マッサージ

ミノタブの副作用としてむくんでしまった場合に1番効果的なのはマッサージです。リンパマッサージというのはむくみを取るにはとても効果的です。

ミノタブのせいで顔がむくんでしまった場合はおでこ、こめかみからデコルテと呼ばれる首元辺りまで流すようにマッサージします。そして目の周り、口の周りと順々にマッサージしていきましょう。

足の場合は下から上へ、指先からふくらはぎ、ふくらはぎから太ももへと末端からマッサージすると効果が高いです。

入浴中や入浴後にマッサージすると相乗効果があります。入浴は血液循環を良くしてくれるのでその時にマッサージすることで通常よりもより高い効果を実感できるでしょう。マッサージを習慣に取り入れることで苦にならずに済みます。

利尿剤の使用

利尿剤は体内にたまった余分な水分をおしっことして流し出してくれる薬です。ラシックスという薬があります。これはむくみを取るにはとても効果的な薬でモデルの方も使用しているほどです。1日に何回もトイレに行かないといけなくなるので少し辛いですが、簡単にむくみを取ることが出来るのでミノタブとラシックスの併用はおすすめです。

性欲減退

ミノタブを服用することで性欲減退、性的不能、EDといったような副作用が報告されています。ですが、これは上記の「体毛が濃くなる」「血圧低下」と比べると発症する確率がとても低いと言えます。ミノタブを服用した方の約5%程度の方のみです。ミノタブを服用することでなぜ性欲減退となってしまうかは明確には分かっていません。臨床データもありませんが、服用する際には十分に注意しなければなりません。

また、EDになるリスクがあるというのも因果関係はなく、不明と言われています。実際EDというのは原因が様々あるため必ずミノタブの副作用で起きるというわけではありません。専門医の話ではミノタブは関係なく、精神的な要因が大きいのではないかとも言われています。

ミノタブ(内服薬)とロゲイン(外用薬)の副作用の違い

ミノタブを含む内服薬とロゲインなどの外用薬では副作用がかなり異なります。基本的に内服薬の方が副作用として多く、発症する可能性も高いです。ですが、効果の面で言えば内服薬の方が強いと言えるでしょう。

外用薬の場合、頭皮に外から塗るため、副作用が発症するとしても皮膚のかぶれやかゆみなどです。ですが内服薬は内側から全身に働きかけるため頭皮以外の部分に異常が起きる可能性があります。

どちらが良いというのは一概には決められません。ただし、より多くの効果が欲しいという方の場合は内服薬であるミノタブをおすすめします。

ミノタブの効果

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)は服用することで血管を拡張させ、血流を促してくれます。促された血流に乗って栄養や酸素が毛乳頭細胞という細胞に多く供給されます。毛乳頭細胞に栄養が行き渡ることで毛母細胞へ「髪の毛を作れ」と命令が下されます。命令がくると細胞分裂が活発となり、今以上に発毛、増毛効果が高くなるのです。

毛母細胞(もうぼさいぼう)というのは髪の毛を生成させる事が出来る細胞です。この毛母細胞が働いてなければ髪の毛は生成されません。そして、この毛母細胞に命令を出すの毛乳頭細胞(もうにゅうとうさいぼう)です。いわば毛母細胞の司令塔のようなものです。

AGAの時は生えたとしても弱く細い髪の毛でした。ですが、ミノタブに含まれているミノキシジルによって強く太い髪の毛を生成することが可能となっています。

ミノタブには発毛、増毛効果はありますが、抜け毛を防止する効果というのは皆無です。そのため、ミノタブで髪の毛を増やしたとしても抜け毛が多いのであればせっかく生えた髪の毛も全て抜けてしまいます。

ミノタブの効果をより高く実感するためにはプロペシアやフィンペシアに含まれているフィナステリド、またザガーロやアボルブ、デュプロストといった薬に含まれているデュタステリドのどちらかと併用しなければなりません。

フィナステリドとデュタステリドは発毛、増毛効果はあまりないですが、抜け毛を防止する効果というのはミノキシジルよりも多くあります。どちらかというとフィナステリドよりもデュタステリドの方が効果は高いとされています。

AGAを完全に治すというのであればミノタブの他にフィナステリド配合の薬かデュタステリド配合の薬を併用するようにしましょう。また、ミノタブを使用していてもすぐに髪の毛が生えてくるといったことはありません。長期間の継続が必要となってくるのです。最低でも1年や2年は使用していなければなりません。また、3年使用し続ける事でハッキリと効果を実感できると言われています。

ミノタブ(内服薬)とロゲイン(外用薬)の効果の違い

ミノタブとロゲインというのはどちらもミノキシジルを主成分として使用しているAGAに効果的な薬です。ミノタブは服用するタイプの内服薬、ロゲインは直接塗布するタイプの外用薬となっていますが、効果の違いというのはあるのでしょうか。

実際には若干違いがあります。ミノタブは内服薬なので服用することで全身に満遍なく効果が広がります。そのため、一部分だけ髪の毛が生えにくいなどといったことがあまり少ないといえます。

ロゲインの場合は直接塗布する外用薬となっているので使用方法を間違えた場合や、塗り方に慣れていない場合があるため、ミノキシジルの100%の効果を得ることが難しいです。

どちらが良いのかというと結局は使用する方それぞれになってしまいます。ミノタブのような内服薬は副作用を起こしてしまうリスクが少し高いと言えます。ですが、その分効果も高く、ミノキシジル100%の効果を得られます。直接塗布するのにもコツが必要となってきますので、面倒と思う方や満遍なく効果を得たいという方はロゲインなどの外用薬よりもミノタブの方がおすすめできます。

ミノタブの併用禁忌薬

ミノタブは効果も高い分副作用もロゲインなどの外用薬と比べると少し多めです。そのため併用してはならない薬と併用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまい、最悪の場合ミノタブの使用を中断せざるを得ない状況となります。

バイアグラ

バイアグラというのはED治療薬です。EDを助ける働きがあり、バイアグラの効果としては血管を拡張させる作用があります。ミノタブと同じように血管を拡張させることで血圧が低下します。そのため併用してしまうと急激な血液の低下がみられ、副作用もかなり強く出てしまう危険性がありますので必ずバイアグラと併用はしないようにしましょう。

イブプロフェン

イブプロフェンは消炎症、鎮痛、解熱の効果があり、市販されている風邪薬などに含まれています。有名な薬でいうと「イブ」という薬ではないでしょうか。ミノタブを開発したファイザー製薬という会社の医薬品説明書の中に「重篤な問題を引き起こす可能性がある」と記載されているので必ず併用はしないようにしましょう。

スマトリプタン

スマトリプタンは片頭痛の痛みを和らげてくれる薬です。ミノタブの血管を拡げる効果とは逆にスマトリプタンは血管を収縮させる効果があります。そのためこの2つの薬を併用してしまうと血圧のコントロールが制御不能となりかなり危険な副作用を招いてしまう可能性があります。

アルコール

薬ではないですがアルコールも危険なので一緒に飲まないようにしましょう。アルコールには血圧を下げる効果があります。これもバイアグラの時と同様でミノタブと一緒に併用してしまうことで血管を拡張させ血圧をかなり下げてしまう事となります。血圧が急激に下がることにより副作用も強く出てしまいます。また、最悪の場合は重大な病気へ繋がってしまう危険性もあります。どうしてもお酒を飲みたいという場合はミノタブを服用しない日を作ってその日に飲むようにしましょう。

ミノタブを飲めない方

ミノタブを飲めない方

高血圧、低血圧の方

血圧は一定の数値が一番好ましいです。ミノタブは血圧を下げる効果があり、低血圧の方が服用してしまうと適正範囲外となってしまい思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。また高血圧の方も急激に血圧が下がったり戻ったりしてしまうと心臓に負担をかけ、重大な病気へ繋がってしまうケースもありますので注意しましょう。

女性の方

ミノタブは基本的に女性の方は服用することはできません。それは女性の場合は男性ホルモンが元々少なく、ミノタブを服用することで少ない男性ホルモンを抑制してしまい新たな副作用を招いてしまう事があります。そのため、ミノタブは絶対に服用しないようにしましょう。女性の方の場合はロゲイン(女性用)やツゲインを使用して治療するようにしましょう。

未成年の方

未成年の場合も女性と同じでまだ男性ホルモンが少なく、安定しきっていない状態です。そんな時にミノタブを服用してしまうと副作用が強く出てしまう可能性があります。また、その時だけではなく今後に何か後遺症を残す危険性もありますので絶対に服用してはいけません。未成年の薄毛の場合はAGAではなく他の症状である可能性が高いので、まずは病院へ行き診察してもらうようにしましょう。

ミノタブは通販でしか売っていない

現在ミノタブは日本国内では購入することは不可能とされています。もちろん薬局やドラッグストアには置いておらず、病院やクリニックにもありません。個人輸入であれば購入することは出来ますが、海外の通販サイトとなると全て英語だったりしてミノタブを1つ取り寄せるのも面倒です。

そこで、そのような面倒な手間を省き、簡単に誰でも日本に居ながら購入出来るようにしたのが個人輸入代行の通販サイトです。個人輸入代行という事なので、注文する側は何一つ面倒な手間はいりません。一般的な通販サイトとされているamazonや楽天などと同じような感覚でミノタブを購入することが可能となっています。

もちろん全て日本語、日本人の運営となっているので、問い合わせを行ってもしっかり日本語で返ってきます。でも薬を通販で買うのは不安があると思う方も多いでしょう。ですが、現在このような通販サイトというのはとても一般的になっており、多くの利用者が存在します。中には悪徳業者もいますが、長年運営されている通販サイトが多いので、あまり心配する必要はありません。

また、通販で販売されているミノタブはかなり安いです。日本国内で唯一ミノキシジルが含まれている「リアップ」よりも効果は高く激安で購入できるので出費を抑えたいという方や、もっと大きな効果が欲しいという方にはとてもオススメといえます。

ミノタブは通販サイトですと1錠あたり38円です。もっと安くて34円となります。1日1錠服用として1ヶ月30日で計算したら1,000円程度で済みます。リアップの場合は1本7,000円でした。これが1ヶ月分としたらミノタブはリアップの約1/7の値段で購入できるのです。これだけリアップよりも安く効果も高いためか、とても人気の絶えないAGA治療薬となっています。

また、通販サイトにはミノタブ以外にも多くのAGA治療薬が存在します。ロゲインやツゲイン、カークランドといった定番の外用薬はもちろんのこと、その他のミノキシジル配合の薬や、フィナステリドを含んだプロペシアやフィンペシア、デュタステリドを含んだザガーロやアボルブ、デュタボルブといった薬が多く販売されています。通販で購入することで病院よりもかなり安く、時間も取られないため、現在病院やクリニックへ通院しながら処方してもらっているという方はこれを機に通販に乗り換えるのも良いかもしれません。

通販サイトによってはその時その時でお得なセールやキャンペーンを行っているので、安く販売されている時に多めに買っておくのも良いかもしれません。