モールエフの効果

モールエフの効果

モールエフというのはAGAにとても効果的な薬です。AGAにとって効果のあるミノキシジルフィナステリドをどちらも配合した薬となっています。今までは2つの薬を併用しなければAGAは完治が難しいとされていました。

ミノキシジルではロゲインカークランド、また内服薬のミノタブ。フィナステリドではプロペシアフィンペシアなどを服用していた方も多いでしょう。ですが、モールエフの場合は2つの成分が配合されているため、1つでAGAの治療をすすめることが出来る画期的な薬なのです。

ただし、内服薬ではなく外用薬となるため、上手く塗らないと効果が半減してしまう可能性があります。ですが、その分副作用もかなり少なくなっているので安心です。

モールエフの成分ミノキシジルとフィナステリド

モールエフにはミノキシジルとフィナステリドが含まれています。これらの成分はどちらも役割が異なってくるため、2つを併用しなければAGAの完治は難しかったのです。

ミノキシジルは主に発毛、育毛効果のある成分です。リアップやロゲイン、カークランド、ミノタブなどがこのミノキシジルを含んでいる薬となっています。

フィナステリドは主に抜け毛を防止する効果のある成分です。プロペシアやフィンペシアがこのフィナステリドを含んでいる薬となっています。ミノキシジルとフィナステリドについて説明していきたいと思います。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルというのは発毛、育毛効果のある成分です。元々は血管拡張剤として開発されていた成分でした。血管を広げ、血流を促す効果がミノキシジルにはあります。ですが、AGAにも効果があると発見され、今ではAGA治療には必須と言われるほどの成分になりました。ミノキシジルはフィナステリドとは違い発毛、育毛の効果です。そのため、抜け毛を防止する効果というのはありません。

実際のミノキシジルの効果としては、血管を拡張させ、血流を促してくれます。そこで促された血流に乗って栄養を毛乳頭細胞という部分に多く供給することが出来るのです。この毛乳頭細胞に栄養が渡らなければ髪の毛というのは生える事がなくなってしまいます。

毛乳頭細胞に栄養が渡ることによって毛母細胞に髪の毛を作るよう指示が出されます。そこで細胞分裂が活性化されるため髪の毛を成長させるのです。血流が悪くなっていれば髪の毛が生えることはありません。髪の毛を作るために大事な毛乳頭細胞に多く栄養を供給することによって存分に働かせ髪の毛は復活していくのです。

今までAGAの影響を受けて短く、弱く、細い髪の毛だったのが、ミノキシジルの効果によって長く、強く、太い髪の毛に成長することとなります。

ただし、このミノキシジルというのは即効性はありません。ミノキシジル配合の薬を使用してきた方なら分かるかと思いますが、最低でも1年、2年など長期間使用しなければ効果を実感することは不可能と言えるでしょう。

ミノキシジルを使用した方の大半が「3年使えば効果を実感できる」と報告されています。長いかもしれないですが、継続的な使用が必要となってくるわけですね。もちろんモールエフも同じです。

モールエフを少しの期間だけ使用したからといってすぐに髪の毛が生えてくるなんてことはありません。最低でも1年は継続するようにしましょう。そうすれば少しでも効果を実感することができるでしょう。

フィナステリドの効果

フィナステリドというのは抜け毛を防止する効果のある成分です。ミノキシジルが攻めの効果とすればフィナステリドは違って守りの効果があると言えますね。

まずAGAというのはDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で起こることが大半です。これはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと5αリダクターゼが結合することによって生成される男性ホルモンです。

つまりこのDHTの生成を防ぐことさえすればAGAから頭皮を完全に守る事が可能となっているのです。そのために使用されるのがこのフィナステリドという成分です。

フィナステリドというのはDHTの生成に必要な5αリダクターゼを阻害してくれるのです。5αリダクターぜがなければDHTが生成されることはなく、AGAの影響もかなり無くなるというわけです。

また、フィナステリドもミノキシジル同様ですぐに効果を実感できるようなものではありません。最低でも1年、2年の継続が必要となってくるのです。そのため、モールエフも同様で継続的な使用が必要となってきます。

モールエフの効果まとめ

モールエフというのはミノキシジルとフィナステリドが配合された画期的なAGA治療薬です。発毛、育毛、抜け毛の防止が1つの薬に入っていると言っても良いでしょう。ただし、効果を実感するには継続的に使用しなければ意味がありません。

また、モールエフは内服薬ではなく外用薬となります。簡単に説明すると飲み薬ではなく、塗り薬のようなものです。リアップやロゲインと同じ形で塗っていきます。外用薬というのは内服薬よりも効果を最大限に発揮させる事が難しいとされています。

外用薬の使用はとても難しく、コツを掴むまでは中々上手く塗れないものでしょう。内服薬と比べたら若干効果が落ちますが、今までAGAには2つの薬が必要だったのにモールエフなら1つの薬で十分となっているので経済的にもかなりリーズナブルで便利な薬と言えるでしょう。

モールエフの副作用

モールエフの副作用

モールエフはミノキシジルとフィナステリドの2つの成分を配合した薬となっているため、2つの成分の副作用が発症すると言っても良いでしょう。ですが、外用薬となっているので内服薬と比べると副作用が発症する確率というのはとても少ないと言えます。

ただし、必ず副作用が出ないというわけではないので注意しましょう。また、モールエフを使用する際は必ず副作用のことを頭に入れた状態で使用してください。

頭皮の異常

基本的に外用薬のモールエフを使用して起こる副作用というのは頭皮の異常です。異常といってもそこまで酷いものではなく、かゆみや炎症、肌荒れやニキビなどです。ですが、このような症状はそこまで頻繁に起こるものでもありません。正しい使用方法を守っていることで発症するリスクというのはかなり低くなります。

基本的にはこの副作用はモールエフの液剤を多く塗り込んでしまう事で起きてしまうと言われています。モールエフの使用しはじめた時は中々上手く塗れないと思いますが、塗る量を多くしてしまうとこのような副作用が発症してしまう可能性がありますので注意しましょう。慣れてきたら必ず適切な量を塗るようしてください。

初期脱毛

初期脱毛というのは内服薬で発症しやすい副作用となっています。外用薬であるモールエフでは発症はしませんが、必ず発症しないというわけではないので注意しましょう。初期脱毛というのはその名の通り、薬を使ってAGAを治療しているのに、さらに抜け毛が多くなってしまう事です。

抜け毛が多くなってしまうので治療を中断してしまうという方がいますが、絶対にそれは辞めましょう。この初期脱毛というのはAGAで乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻そうとしているため、抜け毛が多くなっているのです。通常、髪の毛というのは成長期、退行期、休止期の3つの期間があります。AGAになるとこの成長期がかなり短くなるため、細く短い髪の毛にしかならないのです。

初期脱毛はこのヘアサイクルを通常のヘアサイクルに戻そうとしているため発症してしまう副作用です。そのため、辛いと思いますが、この期間に治療を中断するといったことはせずになんとか乗り切るようにしましょう。

性機能低下

性機能低下というのは基本的にフィナステリドにみられる副作用となっています。これはその名の通り男性機能が低下してしまい、EDと呼ばれる勃起不全を引き起こしてしまうといったものです。とはいっても内服薬でも発症する確率としては非常に低く、外用薬のモールエフであればほとんど発症しないといっても過言ではないでしょう。

ですが、必ず発症しないというわけでもありません。体質によって個人差があり、出やすい方や出にくい方というのが存在しますので、誰でも発症する可能性はあります。

むくみ

むくみというのはミノキシジルの副作用とされています。ですが、外用薬では全く出ず、主に内服薬で発症する副作用と言えるでしょう。ミノキシジルは血管拡張作用があるため手足、顔のむくみが出やすいとされています。むくみは日々の生活習慣、食生活を改善することで簡単に対処する事ができます。

モールエフの使い方

モールエフの使い方としましては、ロゲインやリアップといったミノキシジルの外用薬と同じとなっています。1日2回髪の毛が薄くなっている部分に少しずつ塗布するようにしましょう。1回の分量としては1mlです。1日に2回塗布しなければならないので、1回の塗布が終えたら次の塗布は12時間後にしてください。

注意しなければならない点としては、髪の毛ではなく直接頭皮に塗布していってください。髪の毛に塗ったところで何一つ意味はありません。塗布が終えたら頭皮全体を指の腹でマッサージするようになじませてください。優しくマッサージしないと頭皮に傷がついてしまう可能性がありますので注意してください。

塗布した後はドライヤーなどで乾かさないようにしてください。一番大切なのは自然乾燥です。なぜドライヤーで乾かしてはいけないのかというと、モールエフの液剤が浸透する前に乾いてしまうことで効果が半減してしまう可能性があるためです。

また、1回の使用量は1mlです。必ず1ml以上塗布しないようにしてください。モールエフには専用のスポイトが付いていますので、そのスポイトで分量を計ってから塗布するようにしてください。

下記の動画を参考にしてみてください。※途中からスポイトを使用しています。

モールエフが使用できない方

モールエフはミノキシジルとフィナステリドが配合されているとても素晴らしい薬ですが、使用できない方というのも存在します。該当する方が使用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので、必ず使用は控えるようにしましょう。

頭皮に異常がみられる方

頭皮に異常がみられる方は必ず使用することはできません。異常というのは炎症やかぶれ、かゆみなどを引き起こしている方は必ず使用しないようにしてください。また、炎症やかぶれ、かゆみが一時的なものという場合でも使用はしてはいけません。必ず治ってからモールエフを使用するようにしましょう。

体質的に肌質が弱く、使用しても大丈夫か分からないという方もいると思います。そのような方はまずパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。いきなり使用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。パッチテストのやり方としてはモールエフを二の腕の内側っや耳の裏につけ、1日~2日間ほど様子をみてください。

この時、何か異常を起こしてしまった場合は使用は禁止となります。何も異常が起きなかった場合は使用しても大丈夫です。

低血圧・不整脈を患っている方

モールエフに含まれているミノキシジルという成分はAGAにとても効果的ですが、元々は高血圧の薬の成分として開発されていたものです。そのため、低血圧の方が使用することでさらに血圧を下げてしまい、思わぬ副作用を招く危険性がありますので必ず使用しないようにしてください。また、不整脈の方の場合は、モールエフを使用することでさらに症状を悪化させる可能性がありますので使用しないようにしましょう。

18歳未満の方

18歳未満の方は必ずモールエフを使用しないようにしましょう。18歳未満の方がモールエフを使用してしまうと重篤な副作用を招いてしまう危険性があります。モールエフに含まれている成分のミノキシジルとフィナステリドはどちらも18歳未満の方は使用を禁じられています。

また、18歳未満の場合はAGAではない場合が多いです。そのため、薬に頼る前にまずは病院へ行き対処してもらうようにしてください。成長期にモールエフを使用してしまうことでその時は何も無くても今後思わぬ問題を発生させてしまう危険性もあります。

女性

モールエフというのは何度も説明している通りミノキシジルとフィナステリドが含まれている薬です。フィナステリドは女性の方が使用を禁止されているため、モールエフは女性の方は使用することは出来ません。

元々DHTが少ない女性が服用することで男性の方よりも副作用が発症する確率というのはとても高いです。そのため、女性の方は使用を禁止されているのです。また、女性の場合はびまん性脱毛症の可能性もありますので、本当にAGAなのかどうか調べてもらいましょう。びまん性脱毛症だった場合はパントガールという薬の方が効果があるとされています。

モールエフの通販

モールエフの購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。なぜかというとモールエフは病院では処方されることはありません。AGAの治療のために病院へ行って処方されるのはミノキシジルを含んだリアップ、フィナステリドを含んだプロペシア、デュタステリドを含んだザガーロアボルブの4つしかありません。

ですが、通販の場合はさらに多く種類があるのです。リアップと同じ効果でもっと安いロゲインやカークランド、さらに効果が強い内服薬のミノタブ、プロペシアのジェネリックであるフィンペシア、アボルブのジェネリックであるデュプロストなど様々です。今紹介した以外の薬も多く取り扱っており、薬以外にも市販では販売されていない育毛シャンプーもあります。

育毛シャンプーとモールエフを同時に購入すればAGAの治療というのはとてもスムーズに行えます。育毛シャンプーで頭皮の環境を整え、モールエフの効果をさらに高くすることが出来るでしょう。

amazonや楽天には販売されていない

モールエフは通販のみでしか購入できないと説明しましたが、実は通販といってもamazonや楽天では取り扱っていないのです。どこに販売されているのかというと、個人輸入代行を扱っている通販サイトです。聞いたことも見たこともない通販を利用するのは怖いと感じる方もいますが、今ではこのような通販というのはとても一般的となっており利用者も多数います。

また、取り扱っている商品は全て正規品となっているので、「注文したのに偽物が届いた」なんてこともありません。

通常ならミノキシジル配合の薬とフィナステリド配合の薬をどちらも購入しないといけませんが、モールエフならどちらの成分も含まれていますので1つで済むのです。これなら経済的にもとてもお得と言えるでしょう。