効果的なAGA治療法



薄毛になってしまい、自然に髪の毛が生えてくると思ってもそれはただの願望であり、現実は違います。
しかしその状態になってから気付いてもたとしても遅くはありません。
まだ毛根が残っている可能性があります。
きちんと薄毛の治療を行えば進行を食い止めたり、カバーすることは出来るのです。
そこでこの度は代表的な薄毛治療の方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

主流になってきている治療方法といえば「フィナステリド」そして「ミノキシジル」を併用した治療方法ではないでしょうか。

片方を利用しているという方もいると思うのですが、併用をした方がより効果が高まります。

フィナステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛を促すホルモンの生成を抑制する効果があります。
それにより脱毛を防ぐことが期待されています。
このホルモンが増えてしまうと成長途中の髪の毛が抜けてしまい、生え変わる髪の毛も産毛のような細い髪の毛になってしまいます。

ミノキシジルは発毛効果です。
毛母細胞を活性化させて髪を成長させる作用を持ちます。

つまり「脱毛の阻止」と「発毛」を行うため、非常に効果が高い治療方法なのです。

ミノキシジルとプロペシアの併用効果について詳しく知りたい方はこちら

フィナステリドとミノキシジルを使用する以外にも方法はあります。

・植毛

これは薄くなりにくい後頭部や側頭部の髪の毛を採取し、薄くなった部分へ埋めていく方法です。
自分の髪の毛ですので抵抗も無く生えてきますが、治療費は高くなってしまいます。
他にも人口毛(ナイロンなどで出来た毛)も利用した植毛もあります。

・メソセラピー療法

最新の治療方法として最近注目されているのが、メソセラピー療法です。
頭皮へ医薬品を注入することにより、毛乳頭などの細胞を活性化させ髪の成長を早めます。
産毛状態の細い髪の毛でも再び太くすることもでき、効果は高いようです。また、期間も短期間で効果が現れます。
しかしデメリットとしては非常に高額になってしまう治療法なので出来る人出来ない人に分かれてしまいます。

最新の治療方法も出てきている中で、やはり安定度を誇る投薬治療。
どれを選ぶかはその人によりますが、無理なく出来るものを選び、再び髪の毛がフサフサである自分へと戻りたいですね。