薬による男性型脱毛症治療

薄毛に対しての治療方法は、薬によって行われているものが多く、特にフィナステリドやミノキシジルによる投薬治療が有名です。
主流であるこの投薬治療は数多くの医療機関が実践していますが、果たしてそのメリットとはどのような点なのでしょうか。
また、メリットばかりでなくデメリットもあるのでしょうか。

医薬品による男性型脱毛症(AGA)治療のメリットとデメリットをご紹介します。

■メリット

メリットとして真っ先に考えられる点は、臨床試験のおよそ80%の被験者が効果を実感したという点です。

この結果からも、投薬治療を行えば、かなり高い確率で発毛が出来るため薄毛治療としては安定した結果が見込めます。

男性の薄毛の大半はAGA(男性型脱毛症)です。
AGAは進行性の症状なので放っておくとやがて髪の毛が生えなくなってしまいます。
それを食い止めるというのも1つのメリットとして考えられるのではないでしょうか。

そして手術ではないというところも利点のひとつです。。
植毛を行う場合、毛根を採取しなければならないため頭皮を切除する必要があり傷跡が残る可能性があります。
当然ではありますが、投薬治療を行う場合それは生じません。

■デメリット

デメリットとしては、治療に長い期間がかかってしまうことです。
早くても半年は見積もっていなければならず、すぐに効果を実感出来ないがために直ぐにやめてしまう人もいます。

それに伴い金銭面の負担も挙げられます。
いずれの治療法も保険適用をされません。
そのため、すべての費用を支払わなければならず、月で換算をすると1~3万円となります。
AGA専門のクリニックの場合、もう少し高くなってしまう場合もあります。

身体的なものとしては副作用がデメリットとして考えられます。
効果が高い反面、副作用が出てしまう可能性も多い薬です。
代表的なものとしては肝機能障害です。
そのため肝臓が弱い人には処方をされません。
そして性機能の低下も挙げられます。
性欲が湧かなくなったり勃起をしなくなってしまう可能性があります。

薬による治療は効果が高く、医師からも推奨される治療法です。
しかし一方でデメリットも発生しますので、よく考えて治療を受けることが大切です。

AGA治療のための薬を購入するのであれば、クリニックで処方してもらう以外にも、個人輸入代行サイトを利用するという方法もあります。
通販サイトで治療薬を購入すれば、金銭面の負担をかなり減らすことができます。
現在では各種ジェネリックも販売されておりますので、購入の際は検討してみると良いと思います。