薄毛治療薬のジェネリック

それぞれ脱毛を防ぎ、発毛を促す効果があるミノキシジルとフィナステリド。
効果は高いのですが、自由診療の対象であるため購入する場合は費用を全て負担しなければなりません。
途中でやめてしまうとせっかく改善したものが再び元に戻ってしまう可能性があります。
そこで、活用したいのがジェネリックです。
薄毛治療薬にも存在し、費用を抑えることが出来ます。
いくつか種類がありますが、今回は有名なものをご紹介していきます。

まず、ミノキシジルジェネリックからです。

カークランド

カークランド 育毛剤であるロゲインのジェネリックです。
販売はコストコが行っています。巨大な倉庫に多数の商品を陳列し、さらにその価格も安く購入ができるあのコストコです。
有効成分であるミノキシジルを5%含有しており、効果もロゲインとまったく変わりがありません。
さらに外用薬ということもあり副作用が少ないので軽度の症状の人や初めて使う人におすすめです。


ロニタブ

ロニタブ ミノキシジルタブレット(内服薬)のジェネリックです。
外用薬とは違い、塗りムラもなく手軽に利用できることが特徴です。

インタスファーマ社が製造をしています。
10錠1,620円から購入が可能です。
安価のため人気があり、知名度が最も高いミノキシジルタブレットであるといえます。


続いてプロペシアのジェネリックはこちらです。

フィンペシア

フィンペシア シプラというインドの製薬メーカーが製造しているプロペシアジェネリックです。
抜け毛の進行を食い止めて、発毛を促進させる薄毛の治療薬です。

プロペシアよりも5~6割ほどの金額で購入することが出来ます。
こちらも人気・知名度ともに高い薄毛治療薬です。



フィナックス

フィナックス ドクターレディー社が製造販売しています。
知名度はそこまで高くはないですが、インターネットの通販の利用者には簡単に手に入る上に、フィンペシアと同程度の金額で入手ができるため注目を集めている医薬品です。

1日1錠服用しなければならないため、金額差を考えるとフィナックスを購入する人も増えていくのではないかと思います。

薄毛治療薬のジェネリックも豊富に揃いだし、選択肢も広がってきました。
しかし、通販サイトでは偽物が出回っていることもあります。
購入の際には信頼できる個人輸入代行サイトを利用することを推奨します。