フィンペシアの危険性

フィンペシアの通販は危険?

フィンペシアはフィナステリドという成分が含まれているプロペシアのジェネリックとなっています。危険かそうではないかと言われると一切危険性はありません。ですが、通販で購入する場合は信用性の高い通販サイトではないと偽物が届いたりしてしまう危険性があります。

フィンペシアの偽物というのは本物と区別もつかないようなもので専門家でも見分けがつかないようです。フィンペシアの偽物には全く違う成分が入ってる可能性もあるため、服用してしまうとAGAを改善させるどころか悪化、または思わぬ副作用を発症してしまい、危険な病気へ繋がる恐れもあります。

必ず通販でフィンペシアを購入する際は信用性の高い通販サイトから購入するようにしましょう。

フィンペシアの通販

フィンペシアというのはプロペシアのジェネリックです。海外医薬品となるため、病院やクリニックといった場所では処方されることはありません。入手するには通販を利用し購入しなければなりません。通販ならば薬代だけなので病院やクリニックと比べると安く、時間も場所も問われません。それに加え誰にもバレずに購入することができます。AGAを治療したい。だけど誰にもバレたくないという方なら通販で購入するのがおすすめです。

ですが通販は怖いという考えを持っている方も多いと思います。実際にフィンペシアではないですが、薬を通販で購入しようとしたところ「商品が届かなかった」、「全然効果のない偽物が届いた」なんて事例もあります。

しっかりと運営されている通販ではこんな事にはまずなりません。悪徳な通販の可能性が高い条件としてサイト内の日本語が不自由、クレジットカード決済がない、電話でのサポートがない、薬価があきらかに安すぎるなど、一般的な通販として不自然な点がいくつも見つかります。

こうならないようにも通販を利用してフィンペシアを購入するためにはしっかりの信用の高いサイトから購入しなければなりません。下記で信用の高いサイトを紹介しています。

フィンペシアは楽天やamazonでは購入できない

フィンペシアは楽天やamazonでは購入できない

フィンペシアを購入するためには通販を利用しなければなりません。ですが、通販といっても楽天やamazonといった一般的な通販では購入することは不可能です。ミノキシジルが配合されているリアップならば購入することはできますが、プロペシアは不可能です。プロペシアが不可能ならジェネリックのフィンペシアは絶対に無理と考えて良いでしょう。フィンペシアを購入できる通販というのは個人輸入代行を行っている通販です。個人輸入代行を行っている通販ならフィンペシア以外にも様々な薬が販売されています。どれも全て病院で処方されるよりも安く効果も同じなので試しに見てみても良いと思います。

フィンペシアの値段

病院でプロペシアを処方してもらうと1ヶ月では約10,000円程かかります。1年で12,000円です。さすがにこれは高すぎますね。お金がかかりすぎて途中でAGAの治療を中断してしまうという方もいるでしょう。通販の場合はこの半額程度で済みます。同じ薬でこうも違うのであれば通販で購入したほうがお得です。ですが、フィンペシアならもっと安く購入することができます。プロペシアで月5,000円程度だとしたら、フィンペシアの場合は月1,000円程度です。病院で処方してもらうのと比べると1/10も違います。

病院で支払う1ヶ月分の料金で約1年分のフィンペシアを購入することができます。安すぎて怖いと思うかもしれないですが、プロペシアのジェネリックとして知名度もかなり高く、フィンペシアは世界中で利用者が多数いるAGA治療薬です。効果もしっかり保証されていますので安心して服用することができます。

フィンペシアの通販ならお薬なび

フィンペシアの販売されている通販は今では多くあります。中でも一番のおすすめはお薬なびです。それはなぜか。上記で悪徳通販の可能性が高い条件は挙げました。お薬なびは全てクリアしているのです。電話での注文もすることが出来たり、配送番号を入力して荷物の配送状況を検索できたりと、サポートが充実しています。他の通販よりもフィンペシアの値段が若干高いかもしれないですがサポートが充実しているという面ではどの通販よりも負けていないかと思います。

また、お得なセールやキャンペーンも頻繁にやっていたりするのでタイミングが良ければ激安でフィンペシアを購入することが出来るかもしれません。フィンペシア以外の育毛剤、AGA治療薬も豊富に取り揃えているので気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

フィンペシアの効果

フィンペシアの効果

フィンペシアはプロペシアのジェネリックというのは上記でも説明しました。そのためフィナステリドという成分が配合されており、効果、副作用、服用方法などは全て同じです。違う点と言えば値段くらいです。プロペシアと比べると約1/5程度の値段で購入することが出来ます。それ以外の点ではプロペシアと全く同じです。

効果としてはAGAの被害を及ぼすDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防いでくれます。そのため、AGAの進行が防がれ、ヘアサイクルが正常に機能してくるのです。AGAだと髪の毛が数ヶ月~1年で成長が終わってしまい、あとは抜けるだけでした。フィンペシアを使用することで成長が約2年~6年とかなり長くなります。

良く勘違いをしている方がいますが、フィンペシアは使用しはじめてすぐに効果が出るものではありません。最低でも1年は使用しなければ効果はあまり現れません。また、フィンペシア単体ではAGAを治療するといったことはかなり時間のかかる治療です。

フィンペシアは発毛効果というのはあまりありません。そのため、発毛効果の高いミノキシジルと併用するのが良いでしょう。AGAということで病院やクリニックへ行くとだいたいがプロペシアとミノキシジルを処方されます。フィンペシアとミノキシジルと併用することがAGAにとって効果的な治療と言えます。

主成分のフィナステリド

フィンペシアには先程も説明した通りプロペシアと同じフィナステリドという成分が含まれています。このフィナステリドという成分はAGAの原因となっているDHTの生成を防いでくれるのです。

DHTというのは男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼが結合することによって生まれる物質です。DHTは悪い影響のみを及ぼす物質ではなく、男性としての機能を正常に保つためのものでもあります。そのため、このDHTが生成されないとなると男性としての機能が減退していってしまいます。

DHTは男性にとってはなくてはならない物質ではありますが、過剰に生成されることでAGAの被害を及ぼすのです。フィンペシアに含まれているフィナステリドという成分はDHTを完全に無くす効果があるわけではありません。ですが、一定のDHTの生成を防ぐため、AGAの防止、改善として効果が高いのです。

ミノキシジル併用で効果を高める

フィンペシアはAGAに効果があると説明しましたが、フィンペシア単体でAGAを治すというのは非常に難しい事です。フィンペシアは主に抜け毛を防止することのできる薬です。発毛といった効果はありません。

発毛効果があるのはAGAに効果的と認められているもう1つの成分のミノキシジルです。ミノキシジルの薬は多々あり、有名どころで言えばリアップやロゲイン、ジェネリックであるカークランドや内服薬のミノタブなど様々あります。

AGAを改善させるためにもフィナステリドとミノキシジルの併用は推奨されています。抜け毛を防止するフィナステリドと発毛を促進するミノキシジルを併用することでAGAの治療はスムーズに行えると言えるでしょう。

デュタステリドの方が効果が高い

フィナステリドはAGAにとても効果的ですが、似たような効果を持っており、フィナステリドの1.5倍も高い効果と言われているのがデュタステリドです。デュタステリドというのは成分名でザガーロアボルブ、ジェネリックであるデュプロストなどに含まれています。

デュタステリドはフィナステリドと同じくDHTの生成を防ぐ効果があります。そのため発毛よりも抜け毛を防止する効果と言えるでしょう。DHTを生成するのに必要な5αリダクターゼという物質があります。

この5αリダクターゼは1型と2型に分かれているのです。1型と2型でどちらがAGAに大きな影響を及ぼすかというと2型です。2型5αリダクターゼを阻害することが出来ればAGAの被害はかなり防げると言われています。

フィナステリドはこの2型5αリダクターゼを阻害することは可能ですが、1型は不可能です。ですが、デュタステリドの場合は1型と2型、どちらも阻害することが可能とされているのです。

2型の方がAGAの影響が大きいといっても1型も少なからずはあります。そのため、これだけ見てもデュタステリドの方が効果が大きい事は分かります。

実際にデュタステリドがどれほど高い効果を持っているのか実験が行われました。150日間の中で直径1インチ内の成長した毛髪数を調べた実験です。

フィナステリドの場合は72本、デュタステリドの場合は108本もの髪の毛が成長したことが確認できています。デュタステリドはこれほど高い効果を持っているのです。

フィナステリドを含んだフィンペシアやプロペシアであまり効果を実感できないというかたはデュタステリドを含んだザガーロやアボルブ、デュプロストなどを使用してみても良いかもしれません。

フィンペシアの副作用

フィンペシアは服用する方によっては副作用が出てしまう事があります。これは体質によって異なってきます。発症する副作用も様々あり、発症する方や一切発症しない方が存在します。現在までフィンペシアを服用してきて報告のあった副作用を紹介します。

初期脱毛

フィンペシアを服用して発症した副作用として一番多いのはこの初期脱毛という症状です。初期脱毛というのはAGAで起こる抜け毛を改善させるためにフィンペシアを服用したところ、逆に抜け毛が増えてきてしまったといったものです。

多くの方が抜け毛を治そうとしているのに増えたということで吹くようを中断するといった行動をとりますが、これはNGです。初期脱毛というのは上記でも話したヘアサイクルの中の休止期にあたる髪の毛が抜け落ちているだけなので心配はいりません。

初期脱毛が起きる原因というのはヘアサイクルが正常に戻ろうとしているためです。AGAによって乱されたヘアサイクルをフィンペシアに含まれているフィナステリドで正常に戻している最中なのです。そのため、この初期脱毛が始まったというのはヘアサイクルが正常に戻り始めた合図として捉えておきましょう。

この初期脱毛というのは平均にしたら約1ヶ月程度で治まります。ですが、これは平均なので2週間で終わる方も言えれば3ヶ月かかる方も存在します。初期脱毛が収まればそこから正常なヘアサイクルへ戻っていきます。

初期脱毛が発症する日数は早い方ならフィンペシアを飲みはじめて3日目程度であらわれますが、ほとんどの方は約1週間程度で発症します。

初期脱毛の対策

初期脱毛の対策というのは正直ありません。ただ治まるのを待つだけとなります。そのため、この期間は人に見られたくないという方は外出する時は防止を被ったり、カツラを着用したりするようにしましょう。また、現在では薄毛を隠すためのパウダーもありますのでそちらを使って初期脱毛の期間を乗り越えるのもアリでしょう。

初期脱毛が発症している期間というのはみな辛いものです。ですが、この期間を乗り越えれば後は頭皮が正常に戻っていくだけなので、我慢してフィンペシアを継続的に服用するようにしましょう。

肝臓への負担

フィンペシアは内服薬となっています。そのため、代謝するために肝臓へ負担をかけてしまいます。内服薬というのは基本的には肝臓で代謝されるため、どの薬も肝臓への負担というのはかかります。ですが、フィンペシアの場合はそのような薬よりも少しリスクが高くなっている程度です。

フィンペシアを服用することで肝臓への負担がかなりかかるというわけではありません。肝機能障害へのリスクは多少あるにしろ、内服薬には全てリスクがつきものとなっています。ただし、元から肝機能が低下していたり、アルコール摂取状態となっている場合は肝機能障害が発症してしまうリスクが大いにありますので、注意してください。

性機能低下

フィンペシアを服用することで性機能低下に繋がると報告されています。ですが、これはほとんど起きる確率がない副作用となっています。数字でいうと約1%~5%程度のものです。これは臨床実験によって出された結果なので信用できるでしょう。

フィンペシアに含まれているフィナステリドでなぜ性機能の低下が起きるかという理由は不明とされています。因果関係も明確には出ていません。一部ではフィンペシアを服用する前にその兆候があったのでは?といったことや、フィンペシアでDHTが生成されなくなり、男性機能が低下しているためでは?と言われています。

フィンペシアを服用することで性機能が低下してしまうという説は色々とありますが、フィンペシアを服用することで必ずEDになったり、性欲減退になるというわけではないのでそこまでの心配はいらないでしょう。

フィンペシアの服用方法

フィンペシアの服用方法

フィンペシアの服用するタイミングというのは定められていません。朝昼晩のいつでも大丈夫です。ただし、1日1回1錠と決められています。そのため、24時間の中で自分が必ず忘れないタイミングにしておくと良いでしょう。朝食の後や昼食の後など、この後はフィンペシアを飲むという習慣をつけておくと飲み忘れることも無くなります。

1日の服用に必要なフィナステリドの用量は0.5mg~1.0mgです。フィンペシアは1.0mgなので1錠そのまま服用しても大丈夫です。少しでも値段を抑えたいという方はピルカッターなどで半分にして服用しても良いでしょう。

服用の際は必ず水、またはぬるま湯と一緒に服用してください。お茶などと一緒に飲んでしまうとフィンペシアの成分と飲料の成分が化学反応を起こしてしまい新たな副作用を招いてしまう危険性があります。

フィンペシアはプロペシアのジェネリックとなるため、プロペシア同様即効性というのはありません。最低でも1年以上は飲み続けなければ満足のいく結果は生まれません。毎日飲むのは少々面倒と思うかもしれないです、1日1錠飲むだけで簡単にAGAを治療できる薬ですので根気よく続けるようにしましょう。

フィンペシアは未成年と女性は飲めない

フィンペシアはプロペシアのジェネリックなので全てが一緒です。そのため、プロペシア同様未成年と女性の方は服用を禁止されています。未成年の方がフィンペシアに手を出してしまうと男性ホルモンが抑制され思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。

女性も同じです。男性ホルモンが少ない女性が使用してしまうと重い副作用を招いてしまう危険性があります。また、妊娠中の女性がフィンペシアを服用してしまうと胎児に奇形が起こると言われていますので必ず服用はしないようにしましょう。

プロペシアの臨床実験の対象年齢が20歳~50歳です。それでは50歳以上の方が服用した場合どうなるのでしょうか。50歳以上の方が服用してはいけないということはありません。ですが、安易にフィンペシアに手は出さない方が良いでしょう。50歳以上となると代謝機能が落ちているため効果があまり実感できなかったり副作用が強く出てしまったりしてしまう可能性もあります。また、常用薬がある場合にはフィンペシアと併用禁忌薬の場合もあります。その事から見ると50歳以上が服用してはいけない決まりはないといっても思わぬ副作用が出てしまう事もあるので手は出さない方が良いでしょう。