デュタステリドは通販で購入がおすすめ

デュタステリドは通販で購入がおすすめ

デュタステリドは最近日本でも認可がおり、ザガーロやアボルブといった薬品名で病院やクリニックで処方されています。ですが、どちらもAGAの治療目的となると保険適用外となってしまいます。通販を利用することで病院やクリニックよりもかなり安く購入することができます。購入方法も特難しくなく、はじめての方でも安心して利用できます。

もちろん通販サイトにある全ての薬は100%正規品となっていますので偽物が届くといったことは絶対にありません。ですが激安を謳っていたりする通販サイトの場合は少し注意しなければなりません。見たこともないような通販サイトの場合は偽物が届いてしまう可能性もあります。100%正規品の通販サイトはコチラになります。

※リンク先はザガーロのジェネリックです

通販と病院の値段を比較

デュタステリドを含んでいる薬として代表的なものはザガーロという薬です。このザガーロという薬は病院やクリニックでも処方されます。もちろん通販でも購入することができます。ですが1箱30錠入りで平均9,500程度します。ということは1ヶ月で最低でも9,500円はかかってしまうと言うことです。病院やクリニックですとこれに加えて診察料もかかってしまうためもっとしますね。ミノキシジルと併用すると1ヶ月に20,000円は飛んでしまいます。1年にしたら240,000円です。

通販で購入する場合は薬代だけとなりますのでもっと安く済みます。またジェネリック医薬品が販売されているのでかなり出費を抑えられます。ザガーロのジェネリックであるデュタボルブなら1箱30錠入りで3,150円程度です。ザガーロの1/3の値段で購入できます。また、ミノキシジルのジェネリックも販売されており、それもかなり安く購入できます。デュタボルブとミノキシジルを合わせても1ヶ月で1万円もしません。

また、デュタボルブとミノキシジルのセット商品も販売されており、それなら1ヶ月3,000円もかからず済んでしまいます。効果、副作用、飲み方は同じで1ヶ月半分の値段で済むのならジェネリックに乗り換えたほうがお得ですね。

amazonや楽天には売っていない

デュタステリドを通販で購入しようとしてもamazonや楽天といった一般的な通販サイトには販売されていません。個人輸入代行の通販サイトを利用しなければデュタステリドの薬は購入することができないのです。

見たことも聞いたこともない通販サイトで購入するのは少し気が引けるという方もいるでしょう。ですが、現在ではこのような個人輸入代行の通販サイトというのは一般的になっており、多くの方が利用しています。

もちろん中には悪徳サイトもあり、そのような通販サイトで購入してしまうと商品が届かなかったり、届いたとしても偽物だった、個人情報を抜き取られたりといったことに繋がります。

ですが、そのような悪徳サイトばかりではありません。100%正規品だけを扱っている通販サイトは多くありますのでデュタステリドの薬を購入するのであればその通販サイトで購入するようにしましょう。

おすすめの通販サイトはお薬なび

デュタステリドの薬を購入するとして一番おすすめの通販サイトは「お薬なび」という通販サイトです。お薬なびがなぜおすすめなのかというと、扱っている商品全てが100%正規品で、サポートも充実しているからです。

通常、個人輸入代行の通販サイトというのは問い合わせの項目があったとしても基本的にはメールでの問い合わせのみです。ですが、お薬なびの場合はメールでの問い合わせに加えて電話での問い合わせもあります。

そのため、メールの場合は答えが返ってくるのに数時間、数日かかってしまう質問でも電話では数秒で解決できます。また、問い合わせ以外にも電話で注文することが出来るので注文方法が分からないという方でも簡単に安心して購入することが出来ます。

お薬なびはデュタステリドの薬以外にも多くのAGA治療薬を扱っています。自分の体質に合った薬を探せるのも良いですね。気になる方は1度目を通し見ても良いかと思います。

※リンク先はザガーロのジェネリックです

通販での購入方法

デュタステリドは楽天やamazonといった大手通販サイトではなく、個人輸入代行を行っている通販サイトではないと購入できません。ですが、購入方法としましては大手通販サイトと同じ手順で購入できるので何も難しい事はありません。

デュタステリドの購入する個数をカートに入れ、注文するだけです。その時に郵便局留めにすれば実家に住んでいる方なら家族にバレることはありません。決済方法は銀行振込とクレジットカード払いの2種類がありますので、お好きな方を選んで決済しましょう。ここまで終わればあとは商品が届くのを待つだけです。

通販のデメリット

個人輸入代行の通販を使った時のデメリットとしては海外発送となるので商品到着まで遅いという1点です。だいたい1週間~2週間程度かかります。「遅いのが嫌だ」という方の場合は通販は向いていません。ですが、この1点が「別に気にしない」という方であれば向いています。自分の欲しい薬を好きな時に購入することが出来るので今ではこのような通販は多くの方から愛され利用者も多く存在しています。

デュタステリドの効果

デュタステリドの効果

デュタステリドは新しい形のAGAの治療薬です。AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成を防ぎ、抜け毛を防止する効果があります。DHTとは男性ホルモンの一種である「テストステロン」が5αリダクターゼという酵素と結びつく事によって生成されます。デュタステリドはその結びつく行為を防ぐためAGAの原因であるDHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻してくれる働きがあります。そのため抜け毛はかなり少なくなり、細く短かった髪の毛も長く太く成長します。

ヘアサイクルには成長期→退行期→休止期と呼ばれる期間があります。成長期が髪の毛の9割を占めており普通ならこれが2年~6年なのに対し、AGAになってしまうと数ヶ月~1年程で終わってしまうのです。そのためAGAになると髪の毛があまり育たなくなり、少し育ったとしても抜け毛として落ちていくため薄くなってしまうのです。デュタステリドを使う事でこのヘアサイクルを正常に戻し、抜け毛を防止できます。ですが、1つ注意しなければならない点があります。それはデュタステリドに発毛、育毛効果はありません。発毛、育毛効果があるのはミノキシジルです。デュタステリドは抜け毛を防止する役割です。

抜け毛を防止する役割というのはプロペシアと同じです。プロペシアに含まれているフィナステリドも同じ効果をもたらしてくれます。次にデュタステリドとフィナステリドがどう違うのか説明していきます。

デュタステリドとフィナステリドの効果の違い

デュタステリドとフィナステリドは抜け毛を防止するという効果ではどちらも同じです。ですが、デュタステリドの方がフィナステリドよりも高い効果を持っています。どちらも5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を防いでくれます。この5αリダクターゼというのは1型と2型の2種類があります。1型は主に皮脂腺に存在し、身体中にあります。2型は主に毛乳頭という発毛や脱毛を司る器官に存在しており、生え際や頭頂部、前立腺といった場所に存在しています。

基本的に2型5αリダクターゼの影響を受けていない男性はAGAによる脱毛症があまり見られないと結果が出ており、2型5αリダクターゼを阻害する音ができればAGAを止める事が出来るとされています。先程も記載した通り、2型5αリダクターゼは額の生え際や頭頂部に多く存在します。AGAが額の生え際や頭頂部から薄くなっていくのは2型5αリダクターゼの影響が大きいためです。

2型5αリダクターゼさえ抑制することが出来ればAGAはかなり改善することが可能です。ですが、可能であれば1型5αリダクターゼも抑制したほうが効果としては高いです。1型5αリダクターゼはAGAの影響をあまり受けないといっても、必ず受けないわけではありません。

フィナステリドはこの2型5αリダクターゼを阻害できますが、1型5αリダクターゼは阻害することは不可能です。先程も記述したように1型よりも2型5αリダクターゼを阻害出来たほうがAGAに対しては効果的なのでフィナステリドでも十分効果的とされています。

デュタステリドは2型5αリダクターゼを阻害することはもちろん、1型5αリダクターゼも阻害することが可能とされています。そのため、AGA治療においてはフィナステリドに比べて約1.5倍の効果をデュタステリドは持っていると言えます。実際に同じレベルのAGA患者にデュタステリドとフィナステリドを投与し比較した実験も行われています。

150日経過した時点で直径1インチの中での毛髪数を比較しました。フィナステリドは72本の髪の毛が成長したことが確認され、デュタステリドは108本の髪の毛が成長した事を確認できました。この実験からしてもデュタステリドはフィナステリドよりも効果が高いと言えるでしょう。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用

デュタステリドにはいくつかの副作用があります。デュタステリドは16.7%という確率で副作用が発症してしまうと報告があります。主に報告される事が多い副作用を紹介します。

初期脱毛

最もデュタステリドの副作用として報告が多かったのは初期脱毛です。初期脱毛とはデュタステリドの影響でヘアサイクルが戻ろうとしている状態に髪の毛が抜け続けてしまう症状です。通常のAGAよりも早いスピードで抜け落ちてしまうのではじめて使用した方は困惑してしまうと思います。ですが、この初期脱毛というのはプロペシアやミノキシジルなど、AGA治療に最適な薬はほとんど起きてしまう症状です。

デュタステリドによる初期脱毛はだいたい1ヶ月~3ヶ月程度で終わります。この初期脱毛を予防したり早く終わらせるといった方法はありません。そのため自分で薄くなってしまった部分を隠したりごまかしたりする方法を探りましょう。帽子やカツラを被ったり、増毛パウダーを使って隠したりしましょう。

初期脱毛はヘアサイクルが正常に戻ろうとしている状態なので何も心配はいりません。休止期になっている髪の毛を全て落として新しい髪の毛を作ろうとしている最中なのです。この間に焦って治療を中断したりしてしまうとAGAの進行を止める事ができず、もっと抜け毛を増やしてしまう事となります。

初期脱毛の期間は辛いですがなんとか乗り越えてAGAを治療しましょう。

性機能の低下

デュタステリドの副作用として初期脱毛の次に報告されているのがこの性機能の低下です。具体的な症状としましては性欲減退、勃起不全、精液の量が減少するといったものです。服用した方がみんな起きる症状というわけではなく、かなり低い確率で起きる症状です。実験ですと服用した方の約4%の方が報告されています。4%が多いか少ないかは人それぞれですね。

性欲減退、勃起不全、精液の量が減少という3つの症状の中でも一番多いのは勃起不全です。勃起不全というのは別名EDと呼ばれており、性行為の際に勃起が不可能であったり、中折れしてしまうという症状が起きます。主に年齢を重ねていくと自然となってしまう事が多く、デュタステリドの影響なのかは不明です。

2番目に多いのは性欲減退です。性欲減退とはその名の通り性欲が落ちてしまうという事です。こちらも年齢を重ねていくうちに起きてしまう事が多いです。デュタステリドの影響は100%ないとも言えませんが、歳を重ねた方がデュタステリドを服用し、この症状が起きてしまっているのかもしれません。

最後が精液の量の減少です。こちらは実際に減少してしまったという結果が出ています。ですが、濃度や形態異常といった事は認められず、減少はあったとしても正常範囲内であったという検証結果が出ていますのでそこまで心配はいらないでしょう。

乳房に異常が起きる

デュタステリドを服用して極稀に乳房に異常が起きてしまうという方がいます。確率としては1%未満です。異常というのは痛みや違和感といったものです。また、乳房が膨らんで女性化したりするという事もあるそうです。

肝機能障害

肝機能障害は報告はありますが、実際のところ確認は取れていない現状です。なぜ肝機能障害が起きてしまうのかというとデュタステリドを肝臓で分解しているためです。ですが、ほとんどの薬が分解は肝臓で行うためデュタステリドのみが肝機能障害になるリスクがあるというわけではありません。リスクは他の薬に比べたら高いにしろ、そこまで心配するほどでもありません。また、元々肝機能に少しでも障害を抱えている方はデュタステリドの使用は控えてください。思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。

デュタステリドとフィナステリドの副作用の違い

デュタステリドとフィナステリドの副作用の違いというのはデュタステリドの方がフィナステリドよりも少し副作用の症状が出やすいという面です。フィナステリドが副作用発症率が4%なので、デュタステリドはフィナステリドの約4倍副作用が発症しやすいと言えるでしょう。これはフィナステリドよりもデュタステリドの方が効果が高いため、比例して副作用も出やすくなっているのではないかと言えます。

また、デュタステリドには稀に乳房に異常が表れてしまうという報告がありましたが、フィナステリドには一切ありません。これはデュタステリドのみの副作用となっているので副作用の症状の違いとしてはその1点だけでしょう。ですが、その症状もデュタステリドを使用した方のかなり稀なものなのでそこまで心配はいりません。

デュタステリドの飲み方

デュタステリドは基本的にフィナステリドと飲み方は同じです。効果はデュタステリドの方が大きいですが、持続する効果などは全て同じとなっています。そのため、フィナステリドと同じで1日1回1錠飲むようにしましょう。デュタステリドの効果は24時間持続しますので自分が忘れないタイミングで1日1回飲むようにしてください。朝食の後や寝る前など服用するタイミングというのは自由です。24時間後ピッタシ同じタイミングで飲むことでデュタステリドの効果を無駄にせず継続することができます。

また飲む際は水かぬるま湯と一緒に飲むようにしてください。お茶や清涼飲料水などと一緒に飲んでしまうと化学反応を起こして思わぬ副作用を招いてしまう危険性があります。デュタステリドもフィナステリドと同じで継続しなければ効果を実感することが難しいです。2ヶ月3ヶ月で効果がハッキリ分かるというものではありません。最低でも1年~3年程度は続けないと満足いった結果はみえないでしょう。

※リンク先はザガーロのジェネリックです

デュタステリドを使用できない方

デュタステリドを使用できない方

デュタステリドはフィナステリドよりも効果が高い分比例して副作用も出やすい薬と言えます。そのため、下記の方はデュタステリドを使わないようにしましょう。思わぬ副作用を招いてしまい、最悪の場合重大な病気へ繋がってしまうかもしれません。

女性の方

女性の方は必ず飲んではいけません。デュタステリドの抜け毛を抑える効果というのは男性ホルモンを抑えているため発生するものです。元々女性は男性ホルモンがすくないのでデュタステリドを服用してしまうと副作用が強くでてしまったりする危険性があります。フィナステリドもデュタステリド同様女性の方は同じ理由で飲む事は禁止されています。。

未成年の方

未成年の方がデュタステリドに安易に手を出すのは辞めましょう。フィナステリドも同じで未成年の方は服用を禁止されています。それはどちらも20歳以上の男性が対象として開発された薬です。そのため未成年の方への有効性というのは認められていません。女性の時と同じで未成年の方がデュタステリドを使用してしまうと少ない男性ホルモンが抑えられ大きな副作用を招いてしまう危険性があります。

未成年の薄毛というのはAGA以外の可能性が高いです。そのため安易にデュタステリドに手は出さず、病院へ行き治療してもらうようにしましょう。

肝機能に障害がある方

デュタステリドは副作用として肝機能障害を起こす危険性があると説明しました。ですがそれはデュタステリドに限った話ではなく、どの薬も多少はリスクがあります。デュタステリドは多少は他の薬よりもリスクは高いかもしれませんが、内服薬というのは基本的に肝臓に負担がかかるものです。肝機能が正常の方は何も異常はないかもしれないですが、肝機能の低下や少しでも障害を抱えている方は肝機能障害を起こしてしまう危険性があります。

デュタステリド配合の薬

デュタステリドは日本でもAGAに効果があるとして最近認可がおりました。そこから多くの薬が開発され登場しました。一番はザガーロという薬が有名かと思いますが、同じ効果を格安で得られるジェネリックもありますので少し紹介します。

ザガーロ

ザガーロ

デュタステリドを配合した薬として一番有名なのはこのザガーロという薬ではないでしょうか。現在デュタステリドを配合したAGAの薬としては唯一のものとなっています。

デュタステリドの認可がおりた今ではザガーロは病院やクリニックで処方されることができます。ですが、AGAに効果があると認可がおりていて病院やクリニックで処方されるといっても保険適用外となってしまうのです。

条件により保険が効くなんてことはなく、全て保険適用外で自由診療となってしまいます。1箱に30錠入っていて9,500円程度なので1ヶ月に9,500円程度の出費があると考えていて良いでしょう。1日にすると300円以上の出費と考えられます。

また、ザガーロ単体ではAGAを完治させることはできません。ミノキシジルと併用しなければAGAの治療というのは難しいと言えるでしょう。

そのため、同時にミノキシジル配合の薬を処方してもらわなければならないので、ザガーロとミノキシジル配合の薬を処方してもらうと、薬代だけで2万近くかかってしまいますね。通販の場合はその半分以下の価格で購入することもできるので、同じ効果の薬だけ安く欲しいという方は通販を利用したほうが経済的にもお得ですね。

※リンク先はザガーロのジェネリックです

デュタボルブ

デュタボルブ

デュタボルブはザガーロのジェネリック医薬品です。ザガーロと同じでデュタステリドを成分として含んでいますので、効果、副作用、飲み方は全て同じです。このデュタボルブは病院やクリニックでは処方されることはありません。購入するには通販を利用して購入しましょう。ザガーロとデュタボルブの違いは値段です。

ザガーロが1箱30錠入りで9,500円程だったのに対し、デュタボルブは1箱30錠入りで3,150円程です。約1/3の価格で手に入るのでとても経済的と言えるでしょう。ザガーロを1ヶ月分購入する金額でデュタボルブなら3ヶ月分購入できるので出費を抑えたいという方にはとてもおすすめです。

アボルブ

アボルブ

デュタステリドを配合している薬でザガーロと同じくらい有名な薬と言えばアボルブです。ザガーロと何が違うのかと言われると何も違う点はありません。

主成分は同じくデュタステリドなので全く同じ効果、副作用の薬となっています。ですが、アボルブはAGAの薬として認可はおりていません。元々は前立腺肥大症の薬となっているのです。

そのため、前立腺肥大症の薬としてなら大丈夫ですが、AGAの薬として処方してもらう場合は保険適用外となっています。ザガーロも保険適用外となっているのでこの点は同じですね。

ザガーロと同じ効果、副作用なのですが、唯一違う点を言えば前立腺肥大症の薬なのかAGAの薬なのかと言う点ですね。

ちなみにアボルブは元々は前立腺肥大症の薬だからといってザガーロよりもAGAへの効果は低いというわけではありません。アボルブをAGAの薬として使用している方も数多くいますのでご心配なく。

また、アボルブは病院やクリニックで処方してもらうとなるとザガーロと同じでかなり高くつきます。アボルブも通販で購入したほうが経済的にもかなりお得といえますので安くアボルブの効果が欲しいという方は通販を利用するようにしましょう。

※リンク先はアボルブのジェネリックです

アボダート

アボダート

アボダートはデュタステリドを主成分に含めたAGAに効果のある薬となっています。そのためザガーロ、アボルブと成分は同じなので効果や副作用、飲み方も全て同じとなっています。アボルブと名前が似ているためジェネリックかと考える方もいるかもしれませんが、そうではありません。

アボダートはアボルブと全く同じ位置づけです。違う点は一切ありません。これは日本での名前か、海外での名前かという点のみです。ロゲインとリアップの関係と同じように海外ではアボダート、日本ではアボルブという商品名で販売されているだけになっています。アボダートは通販なら日本で処方してもらうアボルブよりもかなり安く購入することが出来ます。

デュプロスト

デュプロスト

デュプロストというのはアボルブ、アボダートのジェネリックとなります。アボルブとアボダートは日本で売られている名前か海外で売られている名前かの違いだけになりますので、デュプロストは2つの薬のジェネリックと言えるでしょう。

主成分はもちろんデュタステリドが配合されています。基本的にはアボルブ、アボダートと全く同じ効果、副作用、飲み方となっています。

アボルブやアボダートと同じ効果、副作用、飲み方ということはザガーロとほとんど同じと考えていても良いでしょう。

また、非常に安価で購入することができ、1錠100円もしません。1日1錠服用するとしても1日90円のみの出費とかなり安く設定されています。100錠からの販売となっていますが、これほど値段も安ければそこまで痛い出費とはならないでしょう。1ヶ月にすると3,000円もしないので病院処方と比べるとかなり安く購入できることが分かります。

デュタステリドはフィナステリドよりも効果が高いと実証されているので、プロペシアやフィンペシアなど、フィナステリドの効果をあまり実感できなかった方はおすすめです。

デュタステリドの口コミ

フィナステリドよりも早く効果を実感できた

私は昔からAGAに悩まされていました。今までフィナステリドが入ったプロペシアを使っていたのですがデュタステリドの存在を知ってからデュタステリドに乗り換えました。薬はデュタボルブという薬です。プロペシアとくらべてもかなり安く、経済的にも余裕ができました。

フィナステリドは1年くらい使っていたのですが、少し増えたかな?という程度でその後デュタステリドを1年使用していたのですが、完全にデュタステリドの方が効果は強いのは実感できました。増えている量が全然違いました。デュタステリドの方が早いですね。この2年間でだいぶ髪の毛も増えてきたので、もう少し使い続けて完全にAGAを治そうかと思います。デュタステリドなら早く効果も出るのでそこまで時間はかかりそうもないですね。

安く強い効果でAGAを改善

フィナステリドを今まで使っていた人はデュタステリドにしたほうがいいですね。効果もデュタステリドの方が高いと証明されているのでフィナステリドを使う必要性がなくなってしまいました。しかもジェネリックならかなり安く買えるので嬉しいです。ミノキシジルと一緒に使ってAGAを改善しようと思います。

ミノキシジルと併用して効果を実感

デュタステリドのザガーロとミノキシジルのロゲインを併用して1年程使い続けています。今はまだ薄毛という部類に入ると思いますが、治療前から比べるとかなり変化が分かります。デュタステリド単体だとそこまでだと思いますが、ミノキシジルも一緒に使っているのでかなり増えています。これからも使い続けてAGAを完全に治せるようにしたいです。