デュプロスト(アボルブジェネリック)は通販のみの購入

デュプロスト(アボルブジェネリック)は通販のみの購入

デュプロストというのはアボルブのジェネリックとなります。成分にデュタステリドを配合しているので、アボルブとは何も変わらない効果となっています。また、アボルブと同じ効果ということは同じ成分でAGAの治療薬として有名なザガーロとも一切同じ効果ということです。

ですが、デュプロストの場合はアボルブよりもさらに安く購入することが出来るのです。ジェネリックというのはどんな薬でも新薬と同じ成分、効果、副作用で格安で購入することが出来る薬です。

ただし、デュプロストの場合は病院やクリニックでは処方される事が一切ありません。そのため、デュプロストを入手するには通販を利用するしかないのです。

薬を通販で購入するのが不安という方も多いかと思います。ですが、このように通販で薬を買うというのは今ではとても一般的になりつつあります。病院で処方されるよりもかなり安くなっているので、出費を減らしたい、通院が面倒くさいと感じている方は通販でデュプロストを購入するようにしましょう。病院やクリニックに通う半分程度の価格で済みます。

デュプロストの値段

デュプロストというのはアボルブのジェネリックと説明しました。アボルブというのは病院で処方されますが、病院処方の場合は少し出費が多くなります。当たり前ですが、アボルブの薬代、それに加えて診察代もかかってきます。

通院となると毎月の出費となるので年間で考えたらかなりの出費となるでしょう。アボルブの病院処方で1ヶ月分の出費が平均にして約8,000円程度となっています。ですが、デュプロストを通販で購入するとなると3,000円程度で収めることが出来るのです。

デュタステリド配合の薬というのは1日1錠の服用と決まっています。病院で処方してもらうアボルブは大体が30錠となっているので、1ヶ月分と計算します。通販の場合は30錠以上含んでいるのが多いのです。

デュプロストも100錠からとなっており、これが9,000円します。ですが、100錠なので3ヶ月分は1箱に入っているということです。これを1ヶ月分に計算すると1ヶ月約3,000円となります。

また、1錠あたりの計算だと病院処方のアボルブが1錠約260円程度とされているのに対し、デュプロストは1錠約90円です。1日90円の出費と考えると良いでしょう。

1日あたりの値段でも差が明らかとなっています。これが年間ともなるとかなりの値段の差が現れるのです。

アボルブを病院やクリニックで処方してもらうとなると1年間で平均にして約96,000円です。それに対し、デュプロストを通販で購入した場合は年間で約36,000円にしかなりません。

また、デュプロストは300錠入りも販売されています。それならさらに安くなるのです。病院処方から通販に買えるだけで年間96,000円から36,000円となり、60,000円も出費を浮かすことができるのです。

アボルブと一切効果も変わりませんので、これならデュプロストに乗り換えた方が何もかもお得ですね。

病院やクリニックで処方はされない

先程も説明した通り、デュプロストは病院では処方される事はありません。デュプロストがどうしても欲しいという方の場合は通販を利用しなければ購入することはできないのです。アボルブの場合は病院やクリニックで簡単に購入することが出来ましたが、デュプロストの方は一切ありえません。

病院やクリニックで処方される事がないとなると、薬局やドラッグストアにはもちろん置いているわけがありません。日本国内だとどこに行ってもデュプロストは購入することが出来ないのです。

ですが、通販を利用するのであれば簡単に購入出来ます。病院やクリニックでアボルブを処方してもらうよりもデュプロストを通販で購入したほうがメリットなども多く存在するため、とても便利でお得と言えるでしょう。

デュプロストを購入できる通販

デュプロストというのは通販のみの販売となっていますが、一般的な通販では購入することはできません。一般的な通販というと有名なamazonや楽天などです。このような通販ではデュプロストというのは販売されていません。

デュプロストを購入するには個人輸入代行を行っている通販のみとなるのです。個人輸入代行を行っている通販といっても購入方法としては一般的な通販と一切変わりません。amazonや楽天などを普段から使用している方なら同じ感覚で注文することが可能です。

欲しい商品をカートに入れて決済するだけです。また、デュプロストを購入したことを誰にも知られたくないという方の場合は郵便局留めにしておくことで自宅には届きません。24時間どこからでも注文することが出来るので大変便利です。

デュプロスト購入はお薬なびがおすすめ

個人輸入代行の通販でデュプロストを購入するといっても今では多くの通販サイトが存在します。その中でも一番おすすめな通販サイトはお薬なびです。

お薬なびがなぜおすすめなのかというと、取り扱っている商品が全て正規品、サポートが充実しているという点が他の通販サイトと比べて群を抜いています。

通常、サポートというのはメールの問い合わせのみとなることが多いですが、お薬なびの場合はメールの問い合わせに加えて電話での問い合わせも存在します。

そのため、何か不明点があれば電話することで即座に対応してくれるのです。また、中には注文方法が全然分からないという方もいるかと思います。そのような方のためにもお薬なびは「電話での注文」も可能とされています。

もちろん偽物が届くなんてことや、注文した荷物が届かないなんて心配もありません。全てメーカーからの正規品となっており、注文することで追跡番号が発行されるので、今荷物がどこまで届いているのか調べることも可能となっているのです。

薬を通販で購入するとなると不安になる方も多いかと思いますが、お薬なびはこれほどサポートが充実しているので、不安も全て消してくれます。また、お薬なびではお得なキャンペーンも頻繁に行っているので、運がいいと欲しかった薬をかなり格安で購入することもできますので、1度目を通してみてもよいかと思います。

通販でのデメリット

通販でメリットがあるならもちろんデメリットも存在します。通販のデメリットとなるとデュプロストを注文して、到着までに少し時間がかかるという点です。個人輸入代行と謳っている通販となるため、発送は日本ではなく海外からなのです。

そのため、注文した次の日や2日後などに届くといったことはないと考えておきましょう。目安としては1週間程度と思っていると良いでしょう。あくまでも1週間というのは目安となるため、混雑状況によっては2週間程度かかることもあります。

通販のデメリットとしてはこの点のみとなっています。はじめて利用する際は少し気になるかもしれないですが、継続して使う薬を購入する場合は余裕をもって注文するようにしましょう。そうすることで到着が遅いなど気になることもありません。

また、一切気にしない、我慢できるという方ならば通販で薬を購入するのはとても向いていると言えます。

デュプロストの効果

デュプロストの効果

デュプロストはアボルブのジェネリックとなるため、効果は一切同じとなっています。成分にはアボルブやザガーロと同じデュタステリドを配合しているため、効果はなんら変わりはないのです。

デュプロストに含まれているデュタステリドという成分はAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えてくれる効果があります。このDHTというのは男性ホルモンであるテストステロンと酵素5αリダクターゼが結合することによって生成される物質です。

デュプロストは直接DHTを減少させるわけではなく、酵素5αリダクターゼを阻害し、DHTが生成されにくいようにする効果があるのです。DHTというのは頭皮に悪影響を及ぼす物質ですが、なくてはならない物質でもあります。

男性ホルモンとしてとても重要な役割をもっているので、全てをなくした場合、男性機能に問題を生じる可能性があります。デュプロストは男性機能に問題を生じるまでの効果はないですが、AGAの影響をかなり減らすことが可能となっているのです。

また、デュプロストは服用することですぐに効果が出るような薬ではありません。継続して服用することで効果を実感できます。多くの方が「3年間使用することではっきりと効果が分かる」と報告されています。

そのため、1ヶ月2ヶ月使用したからといって「効果が実感できないのでやめる」という事はせず、3年、4年と長い期間をみて服用するようにしましょう。

デュプロストの成分デュタステリド

デュプロストにはデュタステリドという成分が含まれています。デュタステリドと同じ効果を持っているプロペシアフィンペシアに含まれているフィナステリドという薬があります。

フィナステリドの方が先に登場しましたので、フィナステリドのほうが有名です。ですが、デュタステリドの方がフィナステリドよりも1.5倍の高い効果と報告されています。

実際に臨床実験でもデュタステリドの方が効果が高かったと結果が出ているほどです。直径1インチの中でどれだけ毛髪量が増えたのかという実験にて、フィナステリドは72本、デュタステリドは108本が成長したと報告があります。

これほどデュタステリドのほうが効果は高いのです。ですが、なぜなのでしょうか。どちらもDHTの生成を防ぐための成分です。そして、どちらも5αリダクターゼを阻害するための作用をもっています。

ですが、この5αリダクターゼというのは1型と2型が存在するのです。どちらがAGAの影響を大きくするのかというと2型です。そのため、2型5αリダクターゼを阻害することができればAGAの影響というのはかなり抑える事ができるとされています。

フィナステリドは実際に2型5αリダクターゼを阻害することは可能です。ですが、1型を阻害することは不可能となっているのです。

デュタステリドの場合は1型、2型、どちらも阻害することが可能となっているのです。1型は2型よりもAGAの影響を大きくすることはありませんが、完全に無いというわけでもありません。

そのため、2型5αリダクターゼのみを阻害するフィナステリドよりも、1型、2型どちらも阻害することの出来るデュタステリドの方が効果としてはとても大きいとされているのです。

デュプロストは抜け毛を防止する効果のみ

ここまでデュプロストの効果を説明してきましが、デュプロストは抜け毛を防止する効果が強い薬です。発毛、育毛効果はないとは言い切れませんが、主に抜け毛を防止する効果がある薬という認識を持っていると良いでしょう。

そのため、デュプロスト単体でAGAを完治させる事は難しいとされているのです。ではどうすればよいのか。それはもう1つの薬を併用することです。

発毛、育毛効果があると認識されている成分でミノキシジルという成分があります。これは国内ですとリアップというAGA治療薬に含まれています。国内ではリアップのみとなっており、それ以外の薬は販売されていません。

ですが、通販なら多くのミノキシジル配合の薬が存在します。ロゲイン、ロゲインジェネリックのツゲインカークランド、また内服薬という飲み薬のミノタブ(ミノキシジルタブレット)、またミノキシジルとフィナステリドを含んだモールエフ

これらもまたリアップを処方してもらうよりもかなり安く購入することができます。全て通販のみの販売となっているので、デュプロストを購入すると同時にこれらのミノキシジル配合の薬を購入すると良いでしょう。

また、育毛シャンプーも同時に使用することで相乗効果を期待できます。育毛シャンプーも通販で購入することができるので一緒に勝っておくと良いでしょう。

デュプロストの副作用

デュプロストの副作用

デュプロストはアボルブのジェネリックとなりますので、副作用もアボルブと一切同じとなっています。アボルブと同じということはザガーロとも同じということになりますね。

デュプロストに配合されているデュタステリドというのはフィナステリドよりも効果が高い分、副作用の発生率も高いとされていますので、デュプロストを服用する際は必ず副作用の事を頭に入れておくようにしましょう。

また、デュプロストは女性や子供が服用すると重い副作用を発症させてしまう危険性があるため、服用しないようにしましょう。女性の場合はびまん性脱毛症の可能性が高いので、使用するのであればツゲインやパントガールといった薬を使用しましょう。

初期脱毛

デュプロストはを服用することで起きる副作用としてよく報告されているのがこの初期脱毛です。初期脱毛というのはデュプロストを服用する前よりもさらに抜け毛が多くなってしまったという事です。

服用前よりも抜け毛が多くなることでデュプロストの服用を中断してしまうといった方が多いですが、そのような事は絶対にしないようにしてください。初期脱毛というのは決して悪い副作用ではありません。

初期脱毛が始まったというのはデュプロストの効果がしっかり効いているという証です。初期脱毛はAGAで乱されてしまったヘアサイクルを正常に戻そうとしている段階なのです。

ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つがあり、成長期が一番重要な期間となってきます。通常であれば成長期というのは2年~6年間成長する期間ということなのですが、AGAとなると長くても1年程度で終わってしまうのです。そのせいで短く、弱い髪の毛しか育たないのです。

デュプロストを服用することでデュタステリドがこのヘアサイクルに作用し、正常に戻そうと働いています。そこで起きるのが初期脱毛です。なので、この初期脱毛が必ず悪い働きをしているとは言い切れないのです。

初期脱毛の期間

初期脱毛はデュプロストを服用しはじめてどの程度から始まり、どの程度まで続くのでしょうか。これは体質によって変わってきます。初期脱毛自体、発症する方や発症しない方が存在し、発症したとしても1週間程度で終わる方もいれば3ヶ月程度続いたという方もいます。そのため、あくまでも目安として認識しておいてください。

デュプロストを服用して初期脱毛が発症する確率としては平均にして2日後~10日程度とされています。この間に初期脱毛を発症し、約2週間~1ヶ月程度続くとされています。体質によってはこれ以上続いたり、これよりも早く治まったという方も存在します。

また、デュプロストを服用して2日後に発症して1ヶ月程度続いたという方も存在しますので、皆が皆同じというわけでもありません。

初期脱毛の対処法

デュタステリドで初期脱毛が発症してしまう可能性というのは高いとはされていませんが、必ず出ないというわけでもありません。ですが、服用することで対処できるのでは?と考えると思いますが、実は初期脱毛は対処することが出来ません。

現状では初期脱毛を発症させないための方法というのは見つかっていないのです。そのため、初期脱毛が発症してしまったら、もう受け入れるしかありません。

初期脱毛を発症させない方法ではなく、薄毛を何かしらで隠す方法を考えなければなりません。別に薄毛を恥と思わないという方であれば大丈夫ですが、外へ出るのも嫌だという方も多いでしょう。そのような方は簡単に思いつくのであれば帽子やカツラを着用すると良いでしょう。

帽子やカツラの着用が一番てっとり早く簡単です。また、今では薄毛を隠す黒いパウダーもありますので、そのようなものを使ってみるのも良いかと思います。ちなみにその薄毛を隠すパウダーというのはふりかけることで直の頭皮が見えなくなるようになります。

初期脱毛は現在では防ぎようがない副作用となっているので、不安であれば上記のような薄毛を隠すグッズを用意しておくと良いでしょう。

男性機能の低下

男性機能低下というのはいわゆるEDになってしまったり、性欲自体が減少してしまう可能性があるということです。これはデュプロストが原因で起きているのかは不明とされているのです。

デュプロストの新薬であるアボルブで実験をしたところ、服用した方の約4%のみの方が発症した副作用とされています。ですが、EDや性欲減退というのは加齢が原因で起きることが多く、デュプロストの成分であるデュタステリドが原因なのかどうかは定かではありません。

デュタステリドの作用でDHTという男性ホルモンの生成を防いでいるのが原因なのでは?とも言われていますが、実際に確認は取れていないのです。

肝機能障害

デュプロストを服用することで肝機能障害が起きたという報告は実際にあります。ですが、内服薬というのは基本的に肝臓で分解しています。言ってしまえば内服薬には全て肝機能障害へのリスクというのがあるということです。

そのため、デュプロストだけが肝機能障害のリスクがあるというわけではありません。他の内服薬よりも多少リスクがあるとしてもそこまで群を抜いて高いというわけでもないので心配いりません。

ただし、肝機能に元から少しでも障害を抱えてしまっているという方はデュプロストの服用は控えるようにしましょう。そのような方がデュプロストを服用してしまうと肝機能障害を発症してしまう可能性があります。

デュプロストの飲み方

デュプロストの飲み方としてはとても簡単です。自分の好きなタイミングで1日0.1mg~0.5mgの範囲で1錠服用しましょう。この時、水やぬるま湯と一緒に服用するようにしてください。ただし、柑橘系のジュースと一緒に飲んでしまう事で血中濃度が約3倍にまで上がり、比例してかなり強い副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しましょう。

また、アルコールと一緒に服用することでも禁止されているわけではないですが、飲みすぎてしまった場合は副作用がかなり強く出てしまったり、体調不良を引き起こしてしまう可能性がありますので注意してください。

デュプロストは1錠服用することで効果が24時間続く薬です。そのため、1錠服用し、次の服用まで24時間空けるようにしましょう。朝食後や夕食後など、自分が忘れない時間に服用するようにしましょう。ぴったし24時間感覚に服用することでデュプロストの効果を一切無駄にすることなく、得ることが出来ます。

1日1錠と決められているので、必ず2錠以上は飲まないようにしてください。2錠服用してしまった場合は強い副作用を招いてしまう危険性がありますので、必ず1日1錠は守るようにしてください。また、効果が出ないからといってすぐに服用を中断することは絶対に禁止です。デュプロストは2年、3年使用しなければ目に見える効果というのは現れません。継続しての服用を心がけましょう。