ミノキシジルとプロペシアの併用



薄毛対策に有効な医薬品、それがミノキシジルとプロペシアです。
単体で服用をするよりも併用したほうがより高い効果を得られます。

作用機序が違いますし、禁忌薬でもないため安心して併用が可能なのです。

まずミノキシジルについての簡単な説明です。
血管拡張機能により発毛を促す薬です。
頭皮の毛細血管を活性化、血流が増加し、新しい毛細血管を作り出します。
それが頭皮や髪の毛に栄養の供給を促し、直接毛乳頭や毛母細胞に作用して、細胞の分裂を活発にします。
それにより発毛効果が期待できるのです。

プロペシアは5αリダクターゼという酵素を阻害する作用を持っています。
5αリダクターゼはテストステロンを、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力なホルモンに変換してしまいます。
変換されてしまうと成長中の髪の毛に脱毛を促す信号を出すのです。
それを受け取った髪の毛は抜け落ち、新たに髪の毛が生えても成長が見込めずに細く短い髪の毛のまま、また抜け落ちてしまうのです。
プロペシアは髪が抜け落ちていってしまうことを止めて、生え変わるサイクルを正常に戻して、太く長く育てていくといえます。

脱毛を止めて、発毛を促し、髪の毛を正しく育成する。

どちらか片方の使用では当然片方の効果しか得られませんが、併用することにより脱毛ストップと発毛促進を同時に行うことが出来るのです。
ミノキシジルとプロペシアを併用することによって、乱れてしまったヘアサイクルを戻し、髪を太く長くすることができます。

ミノキシジルには外用薬もあるのですが、外部からは吸収をされにくく、直接体内へ取り込んだ方が高い効果を得られる事が知られています。
つまり併用は内服薬で行うと、より発毛効果を実感できるはずです。
しかし唯一の欠点として、効果が強いため副作用が出やすくなるということがあります。
その場合は外用薬に切り替える事も考えていく必要があります。
外用薬が開発された経緯というのも副作用を懸念されてのものなのです。

併用によって起こる副作用の経過は十分注意をしていかなければなりませんが、効果を見れば歴然とした差が生まれます。

薄毛に悩まれている人は併用を検討されてみては如何でしょうか。

ミノキシジルタブレットとプロペシアでAGA治療に成功された方のお話はこちら