AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)

AGAは年齢も関係なく、今では若い方でも発症する確率が非常に高いです。日本人男性の約4人に1人が薄毛で悩んでおり、その中でも約9割の方がAGAと言われています。それではなぜこれほど多くAGAの患者が増えているのでしょうか。原因を解説していきます。

AGAで最も多い原因というのは男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因です。これは同じ男性ホルモンであるテストステロンと酵素5αリダクターゼが結合することによって生成されます。

このDHTというのはテストステロンと酵素5αリダクターゼが結合しなければ生成はされません。また、DHTというのはAGAのように悪い要因のみならず、男性ホルモンとしての役割を持っているので完全に生成を防ぐというのは不可能です。

AGAに効果的であるミノキシジルはこのDHTの生成は防ぐことはできません。フィナステリドデュタステリドといった成分ならばある程度のDHTの生成は防ぐ事が可能となっているのでAGAの進行を食い止めることができます。

ちなみになぜAGAになると額の生え際や頭頂部から薄くなっていくのかというと、酵素5αリダクターゼが額の生え際や頭頂部に多く存在しているためです。そこでDHTが多く生成されるため、額の生え際や頭頂部から徐々に薄くなっていくのです。

AGAはDHTが生成される事によってヘアサイクルが乱されてしまうため進行してしまうのです。そのため、太く長い髪の毛に成長する前に抜けてしまったり、細く短い髪の毛が多くなってしまうので全体的に見て薄毛が目立つようになります。

ヘアサイクルというのは髪の毛が成長してから抜けるまでのサイクルです。これは髪の毛に限った話ではなく、全ての体毛が含まれます。

ヘアサイクルには成長期、休止期、退行期という3つの期間があります。

このヘアサイクルの中で最も重要なのが成長期という期間です。成長期というのは新たな髪の毛が生まれ、育っていく期間となっています。髪の毛の全体の9割がこの成長期にあたるため、かなり重要な期間と言えます。

ヘアサイクルが正常な場合、髪の毛は通常約2年~6年程度かけて成長し続けます。成長が終えると休止期、退行期にかけて抜けていきます。ですが、AGAとなるとこの成長期が短くなり、数ヶ月~1年程度で終わってしまうのです。

髪の毛の成長が長くても1年で終わってしまうとなると当然今まで通りの髪の毛まで成長することはできず、細く、短いままで成長が終わり、抜けていってしまうのです。

生活習慣が原因でAGAに

AGAと生活習慣というのは直接的な関係はなくとも、AGAを発症させる要因の1つと言われています。

生活習慣の中でも主にAGAと関係していると言われているのは睡眠時間の乱れ、喫煙、ストレスです。

睡眠時間の乱れ

睡眠時間の乱れというのは髪の毛の成長ホルモンの分泌を乱してしまう可能性があります。

22時~2時の間は毛母細胞が一番活発に活動する時間帯と言われています。また、1時~2時は成長ホルモンが一番分泌し易い時間です。

睡眠時間が乱れ、成長ホルモンの分泌を乱してしまう事でAGAと直接は関係なくとも頭皮や髪の毛の環境を乱してしまう事へ繋がると言えるでしょう。

喫煙

喫煙はホルモンバランスを崩したり、血管を収縮させてしまう作用があります。

血管が収縮すると当然ですが全身へ栄養が渡りにくくなってしまいます。栄養を供給する優先順位として1番は生命の維持です。

髪の毛に栄養を送るというのはそこまで重要視されていません。そのため、髪の毛には今までよりも少ない栄養しか渡らなくなってしまいます。

栄養が少なくなれば頭皮や髪の毛の状態というのは悪化してしまう事へ繋がるのです。

ストレス

ストレスも喫煙と同じようにホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。そのため、頭皮にDHTが今まで以上に発生してしまい、抜け毛を悪化させる事へ繋がります。

ホルモンバランスを崩してしまう以外にも血管が収縮してしまう事もあります。血管が収縮してしまうと喫煙と同じように頭皮まで栄養が渡りにくくなってしまいます。

先程、睡眠時間が足りないことによってAGAが引き起こる可能性があると説明しましたが、睡眠時間が足りなくなってしまうとストレスも溜まるでしょう。

そうなると2つの要素が重なってAGAを引き起こしてしまう可能性というのはとても高くなってしまいます。

また、日常のストレスによって抜け毛が増える。抜け毛が増えることによってまたストレスが溜まる。そのストレスのせいでまた抜け毛が増えるという悪循環に陥ってしまいます。

抜け毛を防止するためにも適度にストレス発散をするのが良いですね。

AGAの対策

AGAの対策

AGAを防ぐため、中高年の方は色々と試している人は多いと思います。また症状が出てきてから急いで対策する人もいるかと思います。しかし近年は20代の若年層にも増えてきている薄毛の症状。当然日頃から気にかけることは大切です。日頃から出来る抜け毛・薄毛対策としては、食事や睡眠の改善と、上述したヘアケアの改善があります。

食事

肉を多く摂り、野菜をあまり食べない人が最近は多いようです。食事はAGAに直接的には関係ないとは言っても、偏った食事をしていてもAGAにはならないということではありません。また、野菜ばかり極端に摂ればいいという事ではなく、バランスの良い食事をし、健康的な生活を送りましょう。

睡眠

睡眠も重要なもので、不規則な生活を送っていると髪の成長にも影響を与えてしまいます。良質な睡眠を取ることが髪の成長ならびに健康を保つためにも必要なのです。

生活習慣がAGAの原因になる可能性があるという事は説明しました。その中でも睡眠不足はAGAの原因としても挙がっています。また、睡眠不足になることでストレスがたまり、さらにAGAへのリスクを高めてしまう可能性がありますので、睡眠時間は毎日しっかり確保したり、質の良い睡眠を取るように心がけましょう。

運動

先程、睡眠不足がAGAの原因となりうると説明しましたが、質の良い睡眠を取るには日中に適度な運動をすると良いでしょう。これはまたストレス発散にもなります。

運動をするだけでAGAの原因となる2つの要因を取り除いてくれるので、AGAへ不安を抱いている方は生活習慣に取り入れると良いでしょう。

ヘアケア

シャンプーにも気を使うほうがよいです。頭皮は清潔にすることが大切ですが、シャンプーをしすぎても弊害が起きてしまいます。頭皮に合わないシャンプーを使い続けることは避けて下さい。ピリピリしたり痒くなたら合っていない証拠です。低刺激のものが多く出ていますので変更を検討してみてください。そして洗髪の際は爪を立てずに洗い、しっかりとすすいで、なるべく早めに乾かしましょう。生乾きは厳禁です。

育毛剤を使うというのも有効です。抜け毛が増えてくる前から使用するのは非常に良いことです。頭皮を健やかに保つには適度な血流と栄養供給が必要です。それを行ってくれるのが育毛剤なので、先手を打てばその分、頭髪減少の確率は低くなります。

また、髪を頻繁に染めたり、パーマを当てることを繰り返すと頭皮に大きなダメージを与えてしまうため抜け毛が増えてしまう可能性があります。薬剤は強いので、繰り返し行なっているとダメージが蓄積されてしまいます。実施する場合期間を空けて行うようにして下さい。

こうしてみますと、普段の生活をどのように送るかによっても色々と気を使えるようです。ケア用品を早くから使うのもおすすめの方法です。抜け毛を減らし、健やかな頭皮を保つ生活を送りましょう。