ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは現在日本で発毛への効果があると公式に認められている成分です。ミノキシジル以外ではフィナステリドという成分が認められています。
このページではミノキシジルの効果について説明します。フィナステリド(プロペシア)については下記のページで説明しています。

ミノキシジルは元々血管拡張剤として開発されていました。血管を広げ、血流を促す効果のある薬です。ですが、AGAの治療にも効果があるとわかり、今ではAGA治療に効果的な成分となりました。ミノキシジルは抜け毛を抑える効果ではなく、髪を生やす効果があります。そのため、AGAを完全に防ぎたいという方はミノキシジルとプロペシアの併用をしましょう。プロペシアのジェネリックであるフィンペシアデュタステリドを含んでいるザガーロと併用でも高い効果を発揮します。

実際にミノキシジルの効果について説明していきます。ミノキシジルの効果としては血管を拡張させ、血流を促します。その血流に乗って髪の毛を成長させるために必要な栄養、酸素を毛乳頭細胞という細胞が多く補給することができます。そこで毛乳頭細胞が毛母細胞へ「髪の毛を作れ」と命令を出し、細胞分裂が活性化され、髪の毛を成長させます。
毛母細胞というのは髪の毛を生成させる役割のある細胞です。毛乳頭細胞というのは毛母細胞の司令塔のようなものです。

ミノキシジルの効果

AGAの原因としては血流が悪くなっていることが大半です。血流が悪いと髪の毛の成長に一番大事な毛乳頭細胞の働きが悪くなってしまいます。そのため、毛母細胞に命令が出せなくなってしまい、髪の毛が生成しづらい状態となります。ミノキシジルを使用することで、この毛乳頭細胞を存分に働かせ、髪の毛は復活していくという流れになります。

今まで弱まっていた髪の毛を太く、長く、生えるまでに至らなかった毛根を成長させる効果がミノキシジルにはあります。発毛する作用機序は分かったけど多くの方が気になるのはどのくらいで生えてくるのかですが、ミノキシジルに即効性というのはありません。1ヶ月使用したからと言って効果が期待できるというのはありません。効果を実感するためには1年、2年と長期間の使用が必須となってきます。実際にミノキシジルを使用した方の大半が「3年使えばハッキリと違いが分かる」と報告されています。

また、ミノキシジルを使用していたのですが、効果があまり実感できないと言って使用を中断してしまうと元の状態に戻ってしまいます。そこからAGAの進行が進んでいくため、どんどん薄毛が悪化してしまうこととなります。継続は力なりです。ミノキシジルの中断は必ずしないようにしましょう。

ミノキシジルの外用薬・内服薬

ミノキシジルというのは成分名で、薬の名前ではありません。ミノキシジルを配合している薬というのは多くあります。直接頭皮に塗布するタイプの外用薬。タブレット状になっており、服用するタイプの内服薬。それぞれの説明をしていきます。

ミノキシジルの外用薬

ミノキシジルの外用薬というのは直接毛根に塗り込む事で毛根の血流促進、増毛、発毛の効果が期待できます。外用薬は液剤となるので頭頂部の薄毛治療に対しては成分の浸透も良く有効と考えられています。一般的には外用薬の方が育毛剤としての認識が高いのではないでしょうか。外用薬のデメリットとしては塗布することが非常に難しく、塗り方にコツが合り、液だれをおこしてしまう可能性があるのでミノキシジルの100%の効果を得られるかと言われると難しいとこです。1年以上の長期使用により育毛作用を実感できるようになりますが、塗布する際に要する技術と、成分浸透効果が育毛剤の弱点となります。

ロゲイン
ロゲイン

ロゲインはミノキシジルの外用薬で、世界で初めてミノキシジルを配合した育毛剤です。日本では「リアップ」という商品名で販売されています。ロゲインとリアップの違いというのは全くありません。ですが、ロゲインの方がリアップよりもかなり安く購入することが出来ます。約50%以下の値段でリアップと同じ効果を得ることができるので現にリアップを使用しているという方はロゲインの購入を検討して良いかと思います。ですが、ロゲインを購入する方法というのは通販を利用するしかありません。個人輸入代行サービスを行っている通販サイトからロゲインは購入しましょう。リアップ1つ分の出費でロゲインなら2つ購入出来るのでおすすめです。また、注文から到着までに少し日数が必要となりますので、一度に多く購入しておくのがおすすめです。

※リンク先はロゲインジェネリックのツゲインです。

ツゲイン
ツゲイン

ツゲインとはミノキシジルの外用薬ロゲインのジェネリックです。インドのシプラ社という会社が開発しました。日本では「リアップ」という商品名で販売されています。ジェネリックとなりますので効果や使用法、副作用、全てロゲイン(リアップ)と同じとなります。ツゲインはミノキシジルの含有量が2%、5%、10%とありますので自分に合った用量を選べます。AGA治療となると基本は男性のみとなります。ですが、ツゲインの場合は男女兼用で使えるミノキシジルの外用薬となっています。女性の場合は一番含有量の少ない2%を使用するのが良いでしょう。びまん性脱毛症の場合はパントガールと併用することでより高い効果を期待できます。ツゲインはかなり安く購入できます。日本では同じ含有量の「リアップX5」が7,000円以上で販売されています。ですが、ツゲインはその50%以下の価格で購入できます。この安さもツゲインが愛されている秘訣でしょう。購入方法としましては個人輸入代行の通販サイトを利用して購入しましょう。注文してから届くまでに少し時間がかかってしまうので一度に多く買っておくのがおすすめです。

カークランド
カークランド

カークランドとはミノキシジルの外用薬ロゲインのジェネリックです。ミノキシジル5%を有効成分として含有されています。日本では「リアップX5」という商品名で同じ成分、含有量のものが7,000円以上で販売されています。ですが、カークランドの場合は1つで3,150円程度です。「リアップX5」1つに対しカークランドなら2つ購入できます。販売はコストコが行っています。巨大な倉庫に多数の商品を陳列し、さらにその価格も安く購入ができるあのコストコです。有効成分であるミノキシジルを5%含有しているので、効果もロゲインとまったく変わりがありません。さらに外用薬ということもあり副作用が少ないので軽度の症状の人や初めて使う人におすすめです。購入方法としては通販を利用しなければなりません。

ミノキシジルの内服薬

ミノキシジルの内服薬というのは外用薬と違い、口から飲み込みミノキシジルの効果を得る形となります。身体の内側から作用させることができ、頭皮全体に作用するので、より有効的な治療を行うことができます。服用することで、毛髪が再び毛根から生えたり、太くコシのある髪へと成長できるように毛細血管を通して必要な栄養素を補給することができます。男性型脱毛症の原因物質である5aリダクターゼを阻害することで頭皮環境を整えるフィナステリドを含んだプロペシアを併用することで相乗効果があります。経口服用する場合、人によっては副作用が強く出ることもありますので慎重に使用することが肝要です。

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)
ミノタブ(ミノキシジルタブレット)

ミノタブ(ミノキシジルタブレット)はロニテンと言われるミノキシジルの内服薬のジェネリックです。内服薬となりますので外用薬と比べると飲み込むだけで均一に効果が広がるため、塗りムラもなく、手間もかかりません。このような内服薬のミノキシジルは日本では購入は不可能とされているので購入するには個人輸入代行の通販サイトを利用するしかありません。こちらも「リアップ」と比べるとかなり安く購入することができます。ミノキシジルの内服薬の中では、このミノタブ(ミノキシジルタブレット)が一番人気なのではないでしょうか。

ロニタブ
ロニタブ

ロニタブはミノキシジルが配合されている内服薬の育毛剤で、インタスファーマ社が製造をしています。ミノキシジルタブレットと一緒で飲み込むだけで効果が均一に広がるので外用薬のような塗りムラもなく、手間もかかりません。外用薬では難しかった生え際もロニタブなら育毛、発毛効果を期待できます。ロニタブはミノキシジルの内服薬の中では即効性が高いと評判です。外用薬よりも効果が高いとされていて手軽さも人気の秘訣です。10錠1,620円から購入が可能です。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)と比べると少々高いと思うかもしれないですが、ロニタブなら効果をいち早く実感することができます。ロニタブも日本では入手不可能とされている育毛剤です。そのため通販サイトを利用して購入しなければなりません。

ミノキシジル錠
ミノキシジル錠

ミノキシジル錠はミノキシジルが配合されている内服薬の育毛剤です。こちらもミノキシジルタブレットと同様でロニテンのジェネリックとなります。内服薬特有の効果を均一に広げてくれるので塗りムラや手間はかかりません。ミノキシジル錠は上記で紹介した内服薬の中では一番安く購入することができます。1錠27円で購入することができるので非常に人気の高い薬となっています。安いからといって効果が期待できないというわけではありません。ロニテンのジェネリックなので効果、副作用など全て同じです。そのため、安心して服用が可能です。このミノキシジル錠も通販でのみ購入が可能です。通販の場合は到着までに少し日数が必要となってくるため大容量の360錠セットを購入しておけば1年程はもちます。

ミノキシジルとプロペシアの併用

ミノキシジルとプロペシアの併用

ミノキシジルはAGAの進行を防ぐ効果ではなく、髪の毛の成長を早め、発毛を促進させる方の効果というのは説明しました。ミノキシジルを使って発毛促進させていてもAGAの進行が止まらないのであれば意味がありません。そのAGAの進行を防ぐのに効果的なのがプロペシアという薬です。プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれており、このフィナステリドという成分はミノキシジルと同様で発毛への効果があると公式に認められている成分です。ちなみに現状ではミノキシジルとフィナステリド以外の成分は認められていません。

AGA防止に有効な医薬品、それがミノキシジルとプロペシアです。単体で服用をするよりも併用したほうがより高い効果を得られます。どちらも効果が違いますし、禁忌薬でもないため安心して併用が可能なのです。

ミノキシジルの効果については先程説明しました。プロペシアは5αリダクターゼという酵素を阻害する作用を持っています。5αリダクターゼはテストステロンを、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力なホルモンに変換してしまいます。変換されてしまうと成長中の髪の毛に脱毛を促す信号を出すのです。それを受け取った髪の毛は抜け落ち、新たに髪の毛が生えても成長が見込めずに細く短い髪の毛のまま、また抜け落ちてしまうのです。プロペシアは髪が抜け落ちていってしまうことを止めて、生え変わるサイクルを正常に戻して、太く長く育てていくといえます。脱毛を止めて、発毛を促し、髪の毛を正しく育成する。

どちらか片方の使用では当然片方の効果しか得られませんが、併用することにより脱毛ストップと発毛促進を同時に行うことが出来るのです。ミノキシジルとプロペシアを併用することによって、乱れてしまったヘアサイクルを戻し、髪を太く長くすることができます。ミノキシジルには外用薬もあるのですが、外部からは吸収をされにくく、直接体内へ取り込んだ方が高い効果を得られる事が知られています。つまり併用は内服薬で行うと、より発毛効果を実感できるはずです。しかし唯一の欠点として、効果が強いため副作用が出やすくなるということがあります。その場合は外用薬に切り替える事も考えていく必要があります。外用薬が開発された経緯というのも副作用を懸念されてのものなのです。

併用によって起こる副作用の経過は十分注意をしていかなければなりませんが、効果を見れば歴然とした差が生まれます。AGAに悩まれている人は併用を検討されてみては如何でしょうか。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用といっても頭皮に直接塗る外用薬と身体に含む内服薬ではまた違ってきます。外用薬よりも内服薬の方が体内へ入れるので副作用も多くなっています。副作用が起きて症状が治まらないという方はすぐにミノキシジルの使用を中断し、一度病院へ行き診てもらうようにしましょう。

ミノキシジル(外用薬)の副作用

ミノキシジルの外用薬は直接頭皮に塗り込むため、肌の症状というのが多くなってきます。頭皮のかゆみだったり炎症、肌荒れやニキビの原因になったりもします。外用薬としては上記のような症状が主な副作用と報告されています。身体に入れず、頭皮だけな分副作用というのも少ないのかもしれません。

ミノキシジル(内服薬)の副作用

ミノキシジル(内服薬)の副作用

ミノキシジルというのは元々高血圧の薬として開発されていたものです。そのため、血圧を下げる効果というのが存在します。血圧が下がるとどうなるのか。だるざや眠気といった症状を感じる方がいます。これはミノキシジルタブレットのみの副作用となりますが、だるさや眠気というのは風邪薬を飲んだ時に起こるのと同じようなものです。薬の代謝中にこのような症状が起こってしまうのでそこまで心配はいりません。ただし、肝臓で代謝するため、肝臓に何かしらの障害を持っている方は症状が大きくなりやすい傾向にありますので注意しましょう。また、血圧が元々低い方や他の降圧剤を服用している方は注意が必要となってきます。

また、ミノキシジルを服用して効果が出るのは頭皮だけではありません。血液に乗って全身の体毛にも栄養や酸素が送られます。そのため、髪の毛以外の毛も濃くなってしまいます。これを多毛症といいます。ですが、これは病気ではありません。全身の血液の巡りが良くなっているので、逆に言えばミノキシジルの効果の現れと言ってもいいでしょう。気にする方も多くいると思いますが、大半の方が薄毛になるよりかはマシ。という考えです。

あまり報告はなく少数ですが性欲の減退、性的不能が起こるという報告もあります。こちらはまだハッキリとした事は分かっていません。ミノキシジルの成分で性欲の減退、性的不能といった症状を引き起こす理由は分からず、臨床データもありませんが、服用する際は十分に注意しましょう。

外用薬の副作用で説明した頭皮のかゆみ、炎症、肌荒れやニキビの原因というのは内服薬でも起きてしまう可能性があります。ミノキシジルの効果として血管を拡張し、血流を促してくれます。そうすると髪の毛だけではなく、全身に栄養が行き渡るため、皮膚の成長も盛んになるのです。皮脂の分泌も多くなり、ニキビが出来たり肌荒れになってしまったりします。

ミノキシジルは通販で購入

ミノキシジルは通販で購入

ミノキシジルは通販で購入するのが一番お得です。通販といっても個人輸入代行サービスを行っている通販サイトとなります。日本ではリアップという薬のみにミノキシジルが含まれています。この薬は楽天やamazonといった通販サイトでも購入できますが、1つ7,000円以上もするかなり高い育毛剤です。ミノキシジルというのは長期間使用し続けないと効果を実感することが難しいです。リアップを使用するとして年間で考えた場合60,000円以上も浪費します。また、リアップX5の場合は84,000円とかなり高額です。ですがリアップと同じ量が入っているミノキシジルの薬を個人輸入代行サービスを行っている通販サイトで購入した場合はこの半額以下の浪費で済みます。効果も成分も全て同じです。外用薬と内服薬、自分に合った薬を選べる事から人気も高いです。それなら断然通販で購入した方がいいお得です。

また、通販で一番の特徴は誰にもバレる事なく治療ができるという点です。注文は自分だけ。梱包も商品名は書いていませんので、配達員にもバレません。また、1人暮らしではない方でも郵便局留めを選ぶことができるので絶対誰にもバレません。薄毛、AGAの治療を誰にもバレず、ひっそりと治していきたいという方には通販サイトの利用がぴったりです。

病院との違い

AGA治療のために病院へ行くとフィナステリドという成分が含まれたプロペシアも一緒に処方されます。これはAGAの進行を防止するものです。リアップとプロペシア、また診察代も含まれてきますので、これだけで10,000円程度の浪費となるでしょう。また、病院の場合は月に1回は通院しなければなりません。そこでもまた処方されます。そう考えると年間で最低でも120,000円の出費となってしまいます。通販で同じ効果の薬を購入となるとこれの1/4の値段で済みます。どれも安心して使用できるのでAGAの治療を行うという方は薬は通販サイトで購入をおすすめします。

ミノキシジルの購入方法

実際に通販サイトでの購入方法というのは楽天やamazonといった大手通販サイトとなんら変わりません。欲しい商品があったらカート入れます。そこで注文手続きをし、銀行振込かクレジットカード決済なのかを選んで注文終了です。商品が届くまでに少し日数が必要となってきます。約1週間~2週間程度です。ミノキシジルがもうすぐ無くなりそうだなと思ったら注文しておくと良いでしょう。そうすることでちょうど無くなる時に新しいものが届きます。

ミノキシジルの歴史

ミノキシジルの歴史

ミノキシジルはアメリカでは1960年代のころから高血圧患者用に使用されていました。血管を拡張させる作用があるため、血圧降下剤として経口治療薬で使用されていました。使用していた患者から、通常よりも髪の毛が増量したなどの報告があり、薄毛治療に効果があるのではないかと1970年に再開発されました。上記の血圧降下剤として研究されていましたが、多毛症という症状が副作用の中に多くみられ、抜け毛や薄毛に悩む男性の頭皮に臨床試験を繰り返したところ脱毛症の治療に対して効き目があることがわかり、薄毛治療の有効成分となりました。

医薬品の成分は、別の病気の治療の目的で開発されたものが副作用から二次的効果があり転用され違う病気の治療に用いられているケースは珍しくありません。

そして1980年、アメリカのアップジョン社から外用治療薬として「ロゲイン」と言う製品名で販売されました。服用するタイプでは無く、直接頭皮に塗るタイプとして開発されたのです。内服するミノキシジルのタブレットタイプもあるのですが、副作用などの観点から、日本では直接塗るタイプのものが推奨されています。日本でも塗るタイプのものは厚生労働省より認められており、大正製薬から「リアップ」シリーズが販売されており、ミノキシジルが1%と5%配合されている2種類が登場しています。